通信制高校の
卒業の要件とは?

通信制高校の卒業要件のひとつに取得単位があります。生徒は自身で履修計画を立て、学ばなければ卒業することができません。ここでは、通信制高校を卒業するために必要な要件をN高等学校とS高等学校(設置認可申請中)を例に紹介します。

通信制高校を卒業するのに
必要な要件は?

N高等学校とS高等学校(設置認可申請中)では、卒業する要件として4つの条件をクリアしていなければなりません。1つ目は、「3年間在籍すること」です。3年間高等学校に在籍していなければ卒業することはできません。しかし、前の高校から転校してきた場合はその在籍期間を含めますので、多くの方は1つ目の条件をクリアできるでしょう。2つ目は、「修得単位数が74単位以上であること」です。これは、高等学校で修得した単位数が74単位を超えていなければいけないということです。3つ目は、「必修科目をすべて履修していること」です。74単位のうち、必修科目の単位をすべて履修していなければなりません。最後に、特別活動にかかる必要な時間を満たしている必要があり、ここまでくれば学校教育法第1条に基づき、高卒資格が与えられます。

N高とS高(設置認可申請中)の
科目ごとの単位認定要件について

  • 科目ごとに必要なレポートを期日までに全て提出している
  • スクーリングの必要時間数を満たし、全て出席している
  • テストで合格基準点以上をとっている
  • 評定(成績評価)が2以上である
  • 必要な提出物を全て提出している
  • 上記に、該当年度の学費・諸費用を全て納入していることを加え、全て該当年度内に満たすことが単位認定の要件です。

N高とS高(設置認可申請中)の
卒業要件について

  • 高等学校の在籍年数が3年以上
  • 必履修科目を全て履修している
  • 合計修得単位数が74単位以上
  • 特別活動の必要時間数を満たしている
  • 在籍期間の学費および諸費用を全て納入している
  • 編入学・転入学の方は前籍校の学習が加味される場合があります(在籍期間・修得単位)。なお、休学期間中は在籍期間に含まれません。

通信制高校は進化している!自身の『学びたい』を伸ばす絶好の場

現在、通信制高校は大きく進化しています。N高等学校とS高等学校(設置認可申請中)のように、インターネットを活用し時間と場所に拘束されずに学習を進め、自由になった時間で、自分が向上心を持って「学びたい」と思う分野の学習に時間をあてていくという方法は効率がよく、通信制高校だからできる点です。新しい学び方で高卒資格を手に入れることができ、大学進学や就職など将来の進路も開けます。もし、高校選びで迷っているならば、通信制高校というのも検討してみてはいかがでしょうか。

N高とS高(設置認可申請中)の豊富なカリキュラム

N高とS高(設置認可申請中)は単位制の高等学校です。必修授業のほかに将来につながる豊富な課外授業があり、大学受験対策・プログラミング・動画編集・AI(機械学習)・声優・ものがたり創作イラスト・声優・語学・留学・プロジェクト学習・職業体験などさまざまな学びができます。

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら