通信制高校について

通信制高校(通信制高等学校)の特長について紹介します。高校卒業資格(高卒資格)取得のための学習(映像学習・テスト・スクーリング)や、学び方のシステムやサポートまで、“通信制高校”とは、どのような学校なのか、お伝えします。

コラム1

通信制高校とはどのような学校?

通信制高校とは、基本的に毎日学校に通う必要がなく、郵送やパソコン通信などを活用して単位を取得していく学校です。通信制高校の特長やメリットを紹介します。

コラム2

通信制高校の
メリットやデメリット

毎日のように学校に通う全日制高校や定時制高校と異なり、通信制高校には独自の学習スタイルがあります。通信制高校を検討するにあたって参考にしたい、メリットやデメリットを紹介します。

コラム3

単位制と学年制の違いとは?

高卒資格を得るための条件の1つは、必須科目を含む74単位以上を取得することです。
単位の取得方法には、単位制と学年制という2種類があることをご存知でしょうか。単位制、学年制の特長と、どんな人が向いているのかを紹介します。一人ひとりの性格や状況に応じて、単位制か学年制かを選んでみてください。

コラム4

通信制高校はレポートと
スクーリングで卒業できる

通信制高校は、全日制高校や定時制高校と同様に高校卒業の資格が得られます。しかし、カリキュラムが全日制高校などとは大きく違っています。そこで、通信制高校のカリキュラムの中心となるレポート提出とスクーリングについてお伝えします。

コラム5

サポート校と通信制高校の
違いは?

毎日学校に通う全日制高校と異なり、自分のペースで単位を取得できる通信制高校。通信制高校に入学するにあたって、サポート校への入学も勧められることがあります。通信制高校とサポート校とは、その目的や運営主体、取得できる資格などに大きな違いがあります。通信制高校とサポート校の特長を紹介します。

コラム6

通信制高校で得られるのは
高卒資格。高認との違いは?

通信制高校に入学するおすすめのポイントとして、よく挙げられるのが高校卒業資格(以下、「高卒資格」)を取得できるという点です。
よく似たものに、高校卒業程度認定試験(以下「高卒認定」)というものがあります。高卒資格と高卒認定は似ているように思えますが、実際には大きな違いがあります。ここでは、高卒資格と高卒認定について詳しく説明し、通信制高校を卒業するとどのようなメリットが得られるのかをご紹介します。

コラム7

通信制高校の卒業の要件とは?

通信制高校の卒業要件のひとつに取得単位があります。生徒は自身で履修計画を立て、学ばなければ卒業することができません。ここでは、通信制高校を卒業するために必要な要件をN高等学校とS高等学校(設置認可申請中)を例に紹介します。

コラム8

通信制高校での入学から卒業までの流れとは?

高校を中退してしまったり、理由があって高校に通えなかったりした人が、高校の卒業資格を取得したいのであれば、通信制高校に入学することをおすすめします。通信制高校では、仕事やアルバイトと両立して学習することも可能です。しかし、通信制高校ではどんな入学手続きがあって、卒業までに何をしなければいけないのか、よく知らないという人も多いでしょう。そこで、ここでは通信制高校における入学から卒業までの流れを、簡単にまとめてみました。

コラム9

通信制高校への編入・転入の単位と時期は?

通信制高校に通う人の目的はさまざまですが、共通している目標は、高校卒業の資格を取るということになるでしょう。事情があって高校を中退してしまった人などは「編入」をすることになります。一方、現在通っている高校が合わないという人などは「転入」を検討することになるでしょう。編入と転入、どちらのケースでも前の学校で修得した単位を引き継げる場合もあります。この記事では、両者の違いとメリット・デメリットなどについて解説をしていきます。

コラム10

通信制高校から大学進学は難しくない?大学受験のための学校選びとは?

通信制に限らず高等学校に入学し、卒業して高卒資格を取った後はどうするのかということを考えることも重要です。ここでは大学や専修学校への進学を希望する場合をみてみましょう。通信制高校から大学進学を目指す人のために、大学入試に向けた勉強の仕方や学校選びの重要性について解説します。

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら