通信制高校で得られるのは高卒資格。
高認との違いは?

通信制高校に入学するおすすめのポイントとして、よく挙げられるのが高校卒業資格(以下、「高卒資格」)を取得できるという点です。
よく似たものに、高校卒業程度認定試験(以下「高卒認定」)というものがあります。高卒資格と高卒認定は似ているように思えますが、実際には大きな違いがあります。ここでは、高卒資格と高卒認定について詳しく説明し、通信制高校を卒業するとどのようなメリットが得られるのかをご紹介します。

高卒資格と高卒認定の違い

高卒資格とは文字通り、全日制や通信制の高校を実際に卒業したことで得られる資格です。高校で卒業証書を渡された人は、自動的に高卒資格を取得したといえます。逆をいえば、高校に入学しても途中で退学してしまった人は高卒資格を得られていないことになります。対して、高卒認定、通称「高認」は、高校卒業程度の学力があることを認めるという試験です。実際に高校を卒業していなくても、試験を受けて合格すれば大学・短大・専門学校の受験資格は与えられます。しかし、混同してはいけないのが、高卒認定とはあくまで高校卒業程度の学力があることを証明するための試験であり、高校を卒業したことにはならないという点です。そのため、高卒資格者が履歴書に「高卒」と書けるのに対し、高認に合格しただけでは最終学歴は「中卒」のままになるのです。

N高とS高(設置認可申請中)で
取得できる資格

N高等学校とS高等学校(設置認可申請中)は学校教育法第一条に定められた高等学校です。全日制と同じ「高校卒業資格」を取得することができます。現中学3年生・中学卒業後に高校に入学していない方(新入学)はもちろん、高校を中退した方(編入学)、現在の高校から転校を希望する方(転入学)、海外在住の方などさまざまな生徒がいます。ネットの高校では、自分の自由な時間で学びながら、単位を取得して高卒資格が取得できます。

高卒資格を取るメリットには何があるか

高認に合格したなら、高卒と変わらないのではないかと考える人もいるでしょう。実際、高認に合格すれば大学受験をすることも可能になるので、高校に行かなくても大学に入り、大卒の最終学歴を得ることは可能です。しかし、高認に合格しただけの状態では、就職活動などで、デメリットが生じることもあります。例えば、企業の募集要項を眺めたときに多くの企業が「高等学校卒業」と掲載していることに気づくでしょう。そのため、高卒資格がない人には応募できる企業に制限がかかってしまいます。

N高とS高(設置認可申請中)で
身につくスキル

ネットの高校には必修授業のほかに、将来につながる課外授業があります。課外授業では、卒業後に就職した会社で即戦力となれたり、進学した先の学びに役だったりできる実社会に役立つカリキュラムがさまざまあります。現役プログラマが講師のプログラミング講座、プロ作家によるものがたり創作講座などのスキルを集中して学べます。さらに、いろいろな職業を体験できる職業体験や留学プログラムなどもあります。また、ネット部活には政治部・投資部・起業部があります。

高卒資格を取得するためにはどうすればいいのか

高校に入学できなかった人、あるいは高校を中退してしまった人が高卒資格を取得するためには、もう1度高校に通いなおす方法があります。とはいっても、全日制高校に通うのは、社会人などには困難です。そこで、通信制高校、定時制高校などの手段が存在します。定時制高校では全日制高校の教室を使いながら、時間帯をずらして夜にしか来られない生徒のために授業を行います。通信制高校には多くの学び方があります。N高とS高(設置認可申請中)のネットコースのように校舎には通わず自宅などで学習を進めてレポートを提出し、年に5日間程度(標準履修でかつネット学習の状況により適用される日数)のスクーリングに参加して卒業資格を得るパターンや、通学コースのように校舎に通学しながら、ネット学習で単位を取得し卒業資格を得るパターンなど多くの学び方があります。

N高とS高(設置認可申請中)での
学習スタイル

ネットの高校には、ネットコース・通学コース・オンライン通学コース・通学プログラミングコースの4つのコースがあり、ライフスタイルや目的に合わせて、コースやキャンパスの登校日数が選べます。ネットコースは時間に縛られることなく、好きなときに好きな場所で学習ができます。キャンパスに通学して学ぶ通学コース・通学プログラミングコースでは、タイムスケジュールのなかに、高校卒業資格の取得に必要な必修授業の学習時間が設けられていたり、オリジナルカリキュラムを学んだり。キャンパスで担任の先生と学習や将来の目標について対面で面談します。オンライン通学コースでは、ネットで仲間と集いグループワークを行います。学習の不明点は月~金曜日の時間内に先生やTAがいる「ネット学習室」で質問できます。N高とS高(設置認可申請中)はネットでもキャンパスに通学しながらでも、自分の希望に合うスタイルで学ぶことができます。

通信制高校で学ぶとメリットがたくさん

高卒資格を目指す人にとって、通信制高校には多くのメリットがあります。まず、全体的に学費が安くて済む学校が多いことです。生活が苦しくて高校進学をあきらめた人も、通信制高校ならやり遂げられる確率が高まります。次に、学校に通う頻度を選べる場合があります。単位制の通信制高校では、在学中に所定の単位を取得すれば、卒業資格が与えられます。そして、仕事などで定期的な通学が難しい人でも、レポート学習や一定期間のスクーリング受講などで単位を取得することが可能です。忙しい人ほど通信制高校が適しているといえます。入学した全ての人が、自分に合った勉強のスタイルを確立しやすいのが通信制高校の特長なのです。

通信制高校で
未来への道が開ける

今、学び方が大きく変化しようとしています。社会的背景、IT技術の革新などで学び方も多様化しています。海外で活動しているため、日本で学校に通えない場合、経済的な理由で進学を諦めた場合、人間関係などが原因で学校に行けない場合や、そのほかの想定外なトラブルなどで勉学の道を閉ざされた人がいます。そんななか、もう一度勉強をしっかりとやり直そうと決意する人もいます。本人にやる気さえあるのなら、いくらでも勉強をする道は開けます。通信制高校はそのひとつです。学校の資料を読んだり見学に行ったりしてみると、自分と同じような環境で頑張っている人の姿に気づくでしょう。そして、漠然と勉強をやり直すことへの不安を抱いていたとしても、心のもやもやが晴れていくはずです。無理のないカリキュラムで高卒資格を取得するために、通信制高校は理想的な場所だといえます。

N高とS高(設置認可申請中)で
未来への道を開く

ネットの高校には、多様な生徒がいます。大学受験のために勉強をしたい人、専門的な技術を身につけたい人、すでに取り組んでいることに集中したい人。一人ひとりが自分のペースで勉強ややりたいことに専念しています。N高とS高(設置認可申請中)は、生徒一人ひとりを全力でサポートしています。

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら