KADOKAWAが創る新しいネットの高校

ニュース・トピックス

N高通学コース、課題解決型学習「プロジェクトN」特別授業 N高×JR東日本都市開発「SMART×STREET開発プロジェクト」
~おうちでなんでもできる時代のデジタルとリアルが融合した商業施設プラン~

 

学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校(以下、N高)と株式会社ジェイアール東日本都市開発(以下、JR東日本都市開発)は、N高通学コース課題解決型プロジェクト学習(PBL)「プロジェクトN」の授業にて、2020年7月3日(金)~9月30日(水)の期間、デジタルとリアルの融合を目指す高架下エリアを活用した商業施設のプランを提案する「SMART×STREET開発プロジェクト」を実施します。

 

近年、テクノロジーが発達し、様々な人や物がインターネットを介してデジタルなコミュニケーションで広く繋がるようになりました。しかし、商業施設でのデジタルコミュニケーションの場は、クーポンやチラシ、館内ガイドやインフォメーション等、一方通行な情報提供でしか活用されていない実態があります。

 

そこで、デジタルネイティブ世代の高校生がデジタルとリアルを融合させ、デジタル施策を通して、もっと楽しく、もっと快適に過ごせる「行きたくなる商業施設」の企画提案に挑戦します。

 

取り組む企画の対象は「高架下エリア」と設定。騒音問題をクリアした保育園の設置などデッドスペースの価値を再定義し、全国各地で開発が進んでいるエリアです。N高生はデベロッパーの企画職社員になった気持ちで、誘致したい店のオーナーに一緒に組みたいと思わせるような魅力的なコンセプトや企画を考えます。

 

9月25日には集大成として、JR東日本都市開発の役員・社員やデジタル分野に詳しい方を審査員として招き、プレゼンテーションを行います。

 

<「SMART×STREET開発プロジェクト」授業概要>

【日時】2020年7月3日(金)~9月30日(水)

・7月8日(水):JR東日本都市開発による講演

・9月23日(水):学園内全国中継発表会

・9月25日(金):ゲスト審査員を招いたプレゼンテーション大会

【授業内容】デジタルとリアルの融合を目指す高架下エリアを活用した商業施設のプランを提案する

  1. エリア開発について学ぶ
  2. 開発計画提案に向けてグループワーク(エリア選定・調査、来街者調査、ペルソナ設定、コンセプト開発、デザイン、デジタル施策研究、店舗候補の選定など)
  3. 仮想の誘致したい店のオーナーに向けた開発計画提案

 

◆株式会社ジェイアール東日本都市開発について◆ 
創立:1989年4月20日
資本金:14億5,000万円(株主:東日本旅客鉄道株式会社 100% )
JR東日本グループのデベロッパーとして、首都圏鉄道ネットワーク2,800kmの沿線において、JR東日本が保有する鉄道用地(敷地)の管理、高架下・駅近接用地における商業・オフィス・住宅等の開発及びショッピングセンター(駅ビル)の運営等を主たる事業として首都圏全域で事業展開しております。
<公式サイト> https://www.jrtk.jp/

一覧へ戻る

学校法人角川ドワンゴ学園は、
N高等学校以外にも
さまざまな学びの場を提供しています