ニュース・トピックス

【N予備校特別授業】
ボカロPの立場から著作権や印税について考えてみる「クリエイターのための著作権講座」を実施

 

学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校(以下、N高)は、12月19日(土)19時00分~20時30分に、ネットクリエイターに向けさまざまなサポートを提供している一般社団法人日本ネットクリエイター協会JNCA専務理事 仁平淳宏氏による特別授業「クリエイターのための著作権講座 ~ボカロPの立場から著作権を考えてみよう~」を実施します。クリエイターとして自分の権利や利益を守るためにとても重要な、著作権などの権利について、自分がボカロPだったらという想定で分かりやすく講義します。

 

◆仁平淳宏氏からのコメント

ボカロPさんの活躍を通して、教科書には出ていない音楽著作権のお話をします。みなさんが「もし自分がボカロPだったら」というつもりで聞いてくれると嬉しいです。時間があれば、ボカロ文化黎明期の、いろいろな裏話もしてみたいと思います♪

【プロフィール】一般社団法人日本ネットクリエイター協会JNCA専務理事。ゲーム会社、インターネットプロバイダーなどを経て、2004年にドワンゴに入社し、着うた、着ボイス、パケラジ、ニコニコ動画などの様々なコンテンツの権利渉外を行う。その後、ボカロPや歌い手の楽曲を展開するレコード会社「ドワンゴ・ミュージック・エンターテインメント」に移籍し、制作管理や音楽出版を担当する取締役に就任。2013年に一般社団法人 日本ネットクリエイター協会を立ち上げ、現在、専務理事として、クリエイターサポートと称して、ボカロPさんたちと遊んでいる毎日です。

 

※JNCAとは:ネットで活躍する様々なタイプのクリエイターをサポートする団体で、現在、約1000名のクリエイターが所属しています。JNCAでは、権利周りの相談や、各種印税の徴収サポートはもちろん、確定申告のサポートや、クリエイターに有利な国民健康保険のあっせん、交流会の実施などを行っており、昨今では、経産省や文部省の各種検討会にも呼ばれ、ネット系クリエイターの現状報告や問題点解決のための施策などの提案を行っています。

 

■授業概要

【番組タイトル】クリエイターのための著作権講座 ~ボカロPの立場から著作権を考えてみよう~

【日時】2020年12月19日(土)19時00分~20時30分

【講師】仁平淳宏(一般社団法人 日本ネットクリエイター協会 JNCA専務理事)

【対象】N高等学校、N中等部の生徒及び、会員登録をされた一般の方

【番組URL】https://www.nnn.ed.nico/lessons/482531151

※学習アプリ「N予備校」をダウンロードし、無料会員登録の上、受講ください。

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら