ニュース・トピックス

三橋優希さんを含むチーム「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2020」
クリエイティブ部門 最優秀賞受賞

 

2021年3月6日(土)にオンラインで開催された「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2020 in Mitaka」最終審査会において、N高等学校・2年の三橋優希さんを含むチームの作品名「Minory」クリエイティブ部門で最優秀賞を受賞する素晴らしい成績を収めました。

 

 

 

今回が10回目の開催となる「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト」は、プログラミング言語「Ruby」の普及活動を行っている10団体で組織する同コンテストの実行委員会の主催で開催され、自由なテーマで「Ruby」で作成したオリジナルプログラムを、「Ruby」の特性を生かしたプログラムの優秀性、プログラミングの楽しさ、発想の面白さなどの分野で競うコンテスト。

 

最終審査会では、応募総数101作品の中から1次審査を突破した、ゲーム部門7作品、クリエイティブ部門3作品の制作者プレゼンテーション動画を提出し、最終審査会では審査員からの質問に回答しました。

その結果、三橋優希さんを含むチームの作品名「Minory」がクリエイティブ部門において見事に最優秀賞を受賞しました。

 

【作品名】Minory

【概要】

“今日やったこと”を記録し、グループのメンバーと共有できるWebアプリ。記録を通して継続的なモチベーションのコントロールができるよう、記録しやすいデザインやグラフでの可視化機能などで支援します。テキストだけではなくページ数や時間も一緒に記録できるので、読書や勉強、運動など様々な記録に使うことができます。

 

■「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2020 in Mitaka」最終審査結果

https://www.ruby-procon.net/docs/2021030600013/

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら