ニュース・トピックス

N高等学校、2020年度進路・大学合格実績を公開
〜 東大、慶応医学部、エジンバラ大など
難関大学に多数合格 〜

 

学校法人 角川ドワンゴ学園 N高等学校(以下、N高)は、2020年度の大学入試の合格実績を含む進路実績(速報版)を当校ホームページで公開しました。

 

2020年度進路実績 特設サイトhttps://nnn.ed.jp/lp/graduation2021/

 

N高は2016年4月に開校し、この春、第三期生4,155名の卒業生を送り出します。2021年の進路実績としては、大学進学が23.61%、専門学校他への進学が40.46%、就職が20.98%となりました。なお、三期生の卒業率は以下の通りとなります。

  • 三期生として初年度に入学し、2021年3月に卒業した割合:79.39%
  • 上記から転学・退学した生徒を除いた場合の卒業率:85.94%
  • 1・2年次に必要単位を取得し、3年次を迎えた三期生の卒業率:99.88%

 

主要大学の合格実績としましては、国公立大学では東京大学や京都大学、私立大学では早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、東京理科大学、国際基督教大学などの難関大学に合格しています。

 

このうち、医学部医学科としては、東京大学(理科三類)、慶應義塾大学などに合格しました。国公立大学の合格者数は52名(前年度より29名増)、医学部医学科は8名(同5名増)となります。

 

さらに、海外大学につきましても、エジンバラ大学、トロント大学、マンチェスター大学など、世界でもトップランクの大学に多数合格しました。海外大学の合格数は36校(同24校増)となります。

 

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら