ニュース・トピックス

小学生に向けたオンラインリアル脱出ゲームを
N高等学校・S高等学校の生徒が制作
株式会社SCRAPと課題解決型学習「プロジェクトN」を実施

 

学校法人 角川ドワンゴ学園 N高等学校(以下、N高)およびS高等学校(同S高)は、通学コース・オンライン通学コースにおいて、株式会社SCRAPのコンテンツ「リアル脱出ゲーム*」を活用した、課題解決型プロジェクト学習「プロジェクトN」を7月5日(月)より実施することをお知らせいたします。

 

リアル脱出ゲームとは、野球場や学校、廃病院、そして地下鉄や商業施設など様々な場所を舞台に、そこから謎を解いて「脱出」することを目的とした体験型ゲーム・イベントで、世界中で人気のエンターテインメントです。

プロジェクトNは、N高等学校通学コースにおいて2018年から実施してきた課題解決型授業の総称で、様々な企業や官公庁と連携し、生徒が実際の社会の課題の解決に取り組むプログラムです。2020年10月には社会的な価値が優れた物事に贈られる「グッドデザイン賞」を受賞しています。

 

通学コースにおけるプロジェクトNでは取り組むプロジェクトの課題設定に応じて2つのクラスを設けています。より実践的に社会で必要とされている力を磨くβクラスでは、小学生をターゲットにした教育効果のある、またオンラインで遊べるリアル脱出ゲームを企画・制作します。最終日の発表会では、株式会社SCRAPの社員が審査員となり、優秀作品を選出。優秀作品については、小学校の教育実験校にて実際に小学生にプレイしてもらいます。N/S高生が小学生にオンラインリアル脱出ゲームをレクチャーし、実際にゲームを体験してもらったうえで、制作したゲームへのフィードバックを小学生と先生からもらう予定です。(実施の小学校は調整中)
*リアル脱出ゲームは株式会社SCRAPの登録商標です。

 

 

<リアル脱出ゲーム × プロジェクトN 概要>

【日程】2021年7月5日(月)〜9月29日(水) ※夏休み期間の7月22日〜8月31日を除く

【プロジェクト概要】N/S高通学コースおよびオンライン通学コースで、リアル脱出ゲームの特性やエンターテイメント業界について学んだ後、チームごとにメインターゲットの設定、満足度を高めるストーリーとは何かをプレイヤーの立場で考え、成果物のビジュアルイメージの作成、そして実際にゲーム自体の企画・制作、と多岐に渡って取り組みます。

【対象者】N/S高通学コース週3コース生と週5コース生、オンライン通学コースのベーシッククラス生

 

 

◆SCRAPについて

2008年、株式会社SCRAP設立。遊園地やスタジアムを貸し切ってリアル脱出ゲームを作ったり、本やアプリ、TV番組にも謎をしかけ、企業の謎解きプロモーション企画をお手伝いしたりしているうちに、すっかり謎イベントの制作会社として世間に認知されてしまった京都出身のフリーペーパー制作会社(しかもフリーペーパーは絶賛休刊中)。勢いに乗ってファンクラブ「少年探偵SCRAP団」も結成。テレビ局・レコード会社などともコラボレーションを行い、常に新しいエンターテインメントを生み出し続けている。

★SCRAP公式サイト:http://www.scrapmagazine.com/

 

◆リアル脱出ゲームについて◆

2004年に発表された「クリムゾンルーム」というネットの無料ゲームを発端に、爆発的に盛り上がった「脱出ゲーム」です。そのフォーマットをそのままに現実世界に移し替えた大胆な遊びが「リアル脱出ゲーム」。マンションの1室や廃校、廃病院、そして東京ドームや六本木ヒルズなど、様々な場所で開催されています。2007年に初開催して以降、現在までで累計820万人以上を動員しています。日本のみならず上海、台湾、シンガポールやサンフランシスコなど全世界で参加者を興奮の渦に巻き込み、男女問わずあらゆる世代を取り込む、今大注目の体験型エンターテインメントです。

★リアル脱出ゲーム公式サイト:http://realdgame.jp/

※「リアル脱出ゲーム」は株式会社SCRAPの登録商標です。

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら