ニュース・トピックス

N/S高・N中等部、デジタルツールを活用した
課題解決型プロジェクト学習(PBL)向け授業案と教材を公開
〜Adobe Photoshop、Premiere Rushで作品制作〜

 

学校法人 角川ドワンゴ学園は2022年3月28日(月)、N高等学校(以下、N高)、S高等学校(同S高)、N中等部の課題解決型プロジェクト学習(PBL)向けに開発し、授業で活用しているAdobe Creative Cloud関連の教材について、新たに2つの教材をアドビ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:神谷 知信、以下 アドビ)とのパートナーシップのもと、広く一般に公開いたします。本教材は主に学校での活用を意図したもので、どなたでもお使いいただけます。

 

この度公開するのは、アドビのアプリケーションを利用して行うPBLの授業向け教材で、2月に公開した教材に次ぐ第2弾となります。

 

1.推しメシプロジェクト -Photoshopで「食べたくなる」をデザインする-

Adobe Photoshopを使用して、ターゲットが「食べてみたい!」と思うような広告デザインの制作を目指します。キャッチコピーや写真のコツなどを踏まえながら、効果的なプレゼンテーションやフィードバックの方法についても学ぶことができます。教材には、学習目標やワークシートなどが含まれます。

【ダウンロードURL】https://edex.adobe.com/jp/teaching-resources/TbVDx_Vfd

 

2.プロモ動画制作プロジェクト -Premiere Rushで15秒動画を制作する-

動画の基本や構成方法を学びながら、Adobe Premiere Rushを使用して自分が通う学校のお気に入りポイントや自分の成長ストーリーを15秒にまとめた動画を制作します。 教材には、学習目標や動画制作の流れについての説明、Adobe Premiere Rushの操作方法、ワークシートなどが含まれます。

【ダウンロードURL】https://edex.adobe.com/jp/teaching-resources/6LbcMvY0t 

 

本教材はどちらも、N/S高、N中等部で実施されたプロジェクト型学習を一般公開用にアレンジしたものです。角川ドワンゴ学園では「プロジェクトN」という課題解決型プロジェクト学習や、生徒が自ら手を動かしてつくることを通じて学ぶ「クリエイティブ・ラーニング」に力を入れています。生徒が成果物を制作する際には、アドビのアプリケーションをはじめとして様々なデジタルツールを積極的に活用しています。生徒はプロジェクトを通じて課題解決力を身につけるとともに、ツールを使いながら学ぶことで創造性とデジタルクリエイティブスキルを向上させることができます。なお、N中等部で行われたプロジェクトNの様子については、下記ブログ等にて掲載しておりますのでぜひご覧下さい。

▶N中等部ブログ:【新宿】プロジェクトN始動!コマ撮り動画でN中等部を紹介しよう

https://n-jr.jp/blog/archives/2773.html

▶プロジェクトN note:N中等部で初のプロジェクトN!さらにN中等部で初めてアドビが解禁!?

https://note.com/project_n/n/nd27c5eb10565

 

また、角川ドワンゴ学園では2月、Adobe Illustrator、Adobe Photoshopを初めて使う生徒に向けた教材を2点公開しています。教職員の方はオンライン学習システムのGoogle Classroomを使用して生徒に教材を配布し、課題を出すことが可能です。

【ダウンロードURL】

  1. Google WS+ Illustratorで、生徒が自学自習できる授業 -イラストレーター入門編-:
    https://edex.adobe.com/jp/teaching-resources/sv4iWl6ES 
  2. Google WS+ Photoshopで、生徒が自学自習できる授業 -フォトショップ入門編- :
    https://edex.adobe.com/jp/teaching-resources/PG8e4p5S0

 

教材はいずれも、Adobe Education Exchange(https://edex.adobe.com/jp/)にて公開しています。ダウンロードにはAdobe IDが必要ですが、Adobe IDはアドビ製品をお使いでない方でもWeb上で無料で取得できます(ただし13歳以上)。教材をご使用される方が、学園にご連絡をいただく必要はございません。ただし、教材の改変・再配布はご遠慮ください。

 

これらの教材の活用が広く全国の中学や高校で活用され、生徒の方々が将来、創造性を駆使して社会の様々な場で活躍されることに貢献できればと願っております。

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら