ニュース・トピックス

イギリスの教育支援団体が選ぶ
「世界最高の学校賞」イノベーション部門
トップ10にN高等学校が選出

 

イギリスの教育支援団体「T4 Education」(以下、T4)が主催する「World’s Best School Prizes」(世界最高の学校賞)のInnovation(革新)部門において、学校法人 角川ドワンゴ学園 N高等学校(以下、N高)が、先進的な教育を行う学校としてトップ10に選出されました。日本からの選出はN高1校のみです。N高は2020年、2021年にもT4が選ぶ「世界の100校」に選ばれており、3年連続で世界のトップ校として認定されました。

 

新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、学びの継続や教育の質の確保が世界的な課題となる中、N高のオンライン学習、特にバーチャル技術を活用した体験型の学びが高く評価されました。バーチャル技術を活用することで体感的な学びができ、学習に集中できるほか、オンラインであっても身体を動かす活動や友だちとの交流を実現できます。

 

N高はS高等学校とともに、2021年4月よりバーチャル技術を利用した新しい学びを導入しています。2022年6月現在、オンラインで受講可能な7,143講座のうち約半数がバーチャル技術に対応しており、生徒は映像学習とバーチャル学習を自由に切り替えて学ぶことができます。これらの取り組みは、T4が今年10月に開催する「World Education Week」(世界教育週間)のオンラインイベントで世界に向けて発信する予定です。

 

◆T4 Educationについて◆

国連が定める「持続可能な開発目標」(SDGs)Goal4「質の高い教育をみんなに」の達成を目的に、2020年に創設されたイギリスの教育支援団体。100ヵ国・20万人以上の教師の他、学校・企業、NGOなどが活動に賛同し、UNESCO、UNICEF、OECDなどの国際機関が活動を支援している。「The World’s Best School Prizes」は、「Community Collaboration」「Environmental Action」「Innovation」「Supporting Healthy Lives」「Overcoming Adversity」の5部門で選考が行われ、10月の「World Education Week」オンラインイベントで、各部門の最優秀校1校が発表される。 
<公式サイト> https://t4.education

 

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら