ニュース・トピックス

角川ドワンゴ学園、オンライン健康相談サービス
「Welcome to talk」と提携し
生徒・保護者に個別最適なメンタルヘルスケアを提供

 

学校法人角川ドワンゴ学園は生徒・保護者に個別最適なメンタルヘルスケアの提供を図るため、オンラインカウンセリングサービスを営む株式会社Welcome to talk(本社:東京都中央区、代表取締役:関﨑亮、以下Welcome to talk)と包括的な業務提携契約を締結したことをお知らせいたします。

 

若い世代のメンタルヘルスケアは現代社会において重要な課題です。ユニセフ(国連児童基金)の『世界子供白書2021』によると、世界の10〜19歳の7人に1人以上が心の病気の診断を受けているといい、日本だけでなく世界規模での課題となっています。今回の業務提携により、当学園に在籍する生徒や保護者のメンタルヘルスケアの充実化を目的とするとともに、教育と医療が連携し、メンタルヘルスケアのデジタル化に向けた研究開発を推進することで、顕在化する若い世代のメンタルヘルスの課題解決に貢献したいと考えています。

 

(具体的な取り組み)

1.個別最適化されたメンタルサポート

角川ドワンゴ学園が設置する高等学校および運営する教育事業に対して、医師・心理士によるカウンセリング等を通じて、個々の心理状態を早期に確認し、最適なメンタルサポートを実現。

 

2.新しい学びの提供

インターネットを介した認知行動療法など、最新の学術または研究を組み合わせたコンテンツ開発や学校保健に関してのアドバイス。

 

3.テクノロジーの活用によるメンタルヘルスの充実

デジタルバイオマーカーや音声感情センシング技術、VR(バーチャルリアリティ)におけるカウンセリングのあり方などについて研究開発および学校保健への実装展開。

 

4.予防産業の構築

数理モデルによるシミュレーションとデータサイエンスから心理状態の予測システムに関する研究開発。

 

本提携では、Welcome to talkがこれまで教育機関に特化したメンタルヘルス事業および「オンライン健康相談」サービスで培ったノウハウやこころの専門家ネットワークに、角川ドワンゴ学園が有するテクノロジーや最先端のオンライン学習を掛け合わせていくことで、心理状態の可視化などを実現し、学校における近未来型のメンタルサポート体制を社会実装します。

 

【Welcome to talk オンライン健康相談】 

小学校から大学まで教育機関に特化したメンタルヘルスの遠隔医療健康相談サービス。導入校の生徒・保護者・教職員が「いつでも・どこでも・手軽に・気軽にこころの専門家に相談できる」をコンセプトに、テレビ会議システムを用いた健康相談サービスを提供しています。オンライン上の1対1のプライベート空間で精神科医・児童精神科医・臨床心理士・公認心理師の顔を見ながら、じっくり、ゆっくり相談ができます。

<公式サイト>https://welcometotalk.co.jp/

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら