ニュース・トピックス

Metaと角川ドワンゴ学園がXR分野で提携
AR・VRに関する教育プログラムを共同で展開

 

2022年9月9日(金)、Metaが都内で開いた発表会にて、次世代XRクリエイター向け教育プログラム「Immersive Learning Academy」を日本でローンチすることを発表しました。学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校(以下、N高)およびS高等学校(同S高)は、Metaとの連携のもと、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)の次世代クリエイター育成のための学習プログラムを展開します。

 

本プログラムでは、生徒に向けてAR・VRの最先端のスキルや創造性、協働性を身につけるための機会を提供し、次世代のAR・VRクリエイターの育成を目指します。両者は今後1年間でN/S高生を含む1,200名以上の学生を対象に、オンラインワークショップやプロジェクト型学習などのイベントを実施します。具体的には、クリエイターや専門家を招いて、AR・VRを活用した創造性開発や課題解決学習、将来のキャリアを考えるオンラインイベントを行うほか、Metaが開発したARエフェクト機能「Spark AR」のオンラインカリキュラムを活用したAR・VRコンテンツ制作ワークショップやプロジェクト型学習も予定しています。

 

 N/S高では2021年4月からVR技術を活用したメタバース空間内での学習を開始し、2022年5月時点では6,275名の生徒がMeta Quest2を手に取り、学んでいます。9日の発表会では、本プログラムの提供開始に先駆けてN/S高にて実施されたパイロットワークショップ「メタバースの学校プロジェクト〜SF作家・バーチャル建築家と未来の学校をつくる〜」に参加した生徒の代表者3名による作品発表会も実施されました。

 

また、発表会にはS高校長の吉村総一郎も登壇しました。 「Immersive Learning Academy」に参加し、XRクリエイターを目指す生徒たちに向けて「メタバースという新しいフィールドでXR技術を学ぶことで、新しい技術に挑戦することや、新しい問題に向き合うことの楽しさを知ってもらえると嬉しいです。N/S高ではMetaと連携して、今後さまざまなAR/VRイベントを開発していけたらと思っています。N/S高にはさまざまなクリエイティビティを持った生徒がいるので、新たなアイデアが生まれるきっかけや、自身の成長のきっかけになるのではと考えています。」とメッセージを送りました。

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら