ニュース・トピックス

N/S高 政治部、『野党の役割』を
立憲・維新・国民の野党3党の代表から学ぶゲスト講義
10月12日(水)16時から生配信

 

学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校(以下、N高)およびS高等学校(同S高)の部活動「N/S高 政治部」は、2022年10月12 日(水)16時00分から、立憲民主党代表 泉健太氏、日本維新の会代表 馬場伸幸氏、国民民主党代表 玉木雄一郎氏をお招きしたゲスト講義「野党3党の代表と考える『野党の役割』」を開催します。

 

主権者教育の一環として活動するN/S高 政治部では、特定の主義主張を学ぶのではなく、社会の問題や課題について自分の力で調べ、考えられるようになることを目指しています。生徒たちは3カ月ごとに1つのテーマを設定して活動を行っており、9 月からは『野党の役割』について学びを深めてきました。今回のゲスト講義では、生徒からの様々な質問に野党3党の代表が直接答える Q&A セッションを行います。野党3党の代表から、これまでの政治課題の解決にむけた取り組みや今野党に求められる役割についての話を聞くことで、「政治」を見る多角的な視点を養うと同時に、その重要性についてより強く実感することが狙いです。司会はN/S高 政治部特別講師の三浦瑠麗さんが務め、株式会社ドワンゴの協力のもと実施します。

 

講義の模様は以下プラットフォームにて生配信を行い、N/S高やN中等部の生徒だけでなく、全国の中高生、そしてどなたでも視聴可能です。

・ニコニコ生放送 :https://live.nicovideo.jp/watch/lv338494785

・YouTube    :https://youtu.be/O4HHoryprXc

・Twitter Live :https://twitter.com/i/broadcasts/1nAJErmZBYoxL  

◆泉 健太プロフィール

立憲民主党代表。

1974年北海道生まれ。1998年立命館大学法学部卒。参議院議員秘書を経て、2000年、衆議院選挙に挑戦するも惜敗。 2003年(29歳)に初当選を遂げ、以降8期連続当選。2009年、内閣府大臣政務官に就任し、少子化対策、男女共同参画、防災などを担当。 国会対策委員長・政務調査会長を経て、2021年11月より立憲民主党代表に就任。家族は5人とうさぎ1羽。趣味は料理、DIY、自転車、アウトドアなど。

<公式サイト>https://www.izumi-kenta.net/

<公式Twitter> https://twitter.com/izmkenta

 

<生徒へのメッセージ>

立憲民主党代表の泉健太です。皆さんは立憲民主党にどんな印象を持っていますか?実は立憲民主党は「反対ばかり」でも「批判ばかり」でもなく、政府の法案には是々非々で対応し、数多くの議員立法を提出し、対案を示している野党第1党です。議会では、皆さんの日常生活に関わること、例えば1クラスの人数や学費、交通安全のことなども議論し決定されています。その時に、多数意見に圧倒されず、異なる意見や少数でも重要な意見を提示する。これは重要な意味を持ちます。また次の政権を構想し、国民に提示することも役割です。今回はこうした「野党」の役割を知っていただき、将来の課題について活発な意見交換出来ればと思います。どうぞよろしくお願いします。

◆馬場 伸幸プロフィール

日本維新の会代表、大阪維新の会副代表。

1965(昭和40)年1月大阪府堺市生まれ。1983年大阪府立鳳高校卒業。(株)オージーロイヤル(現ロイヤルホスト)にて調理師、衆議院議員秘書を経て、1993年堺市議会議員に初当選。堺市議会議員を6期19年間務める。副議長を経て、第76代堺市議会議長に就任。2012年衆議院議員に初当選。以降当選4回。国会対策委員長、党幹事長、党共同代表を歴任。2022年、党代表に就任。

<公式サイト>https://baba-nobuyuki.com/

<公式Twitter> https://twitter.com/baba_ishin

 

<生徒へのメッセージ>

日本維新の会は、与野党問わず「是々非々」のスタンスを取っています。今の前例・慣例主義の国会では、国民の声に応えられません。私たちは、次世代への投資に注力して参りました。大阪府では、身を切る改革と行政改革によって生まれた新たな財源で、私立高校の授業料実質無償化を実現しました。結果の平等ではなく、機会の平等を促進することで、誰もがチャレンジできる社会を創っていきます。講義では、生徒の皆さまと活発な意見交換ができれば幸いです。当日、皆さまとお会いできるのを楽しみにしています。

◆玉木 雄一郎プロフィール

国民民主党代表。

1969年5月、香川県大川郡寒川(さんがわ)町(現さぬき市)生まれ。

実家は兼業農家。県立高松高校、東京大学法学部卒業。

米国ハーバード大学ケネディスクール修了。財務省を経て2005年衆院選に出馬し、落選。

2009年初当選、以降当選5回。4年前に「永田町のYouTuber」をめざして始めた「たまき

チャンネル」の登録者は約11万人に。趣味はピアノ(ギター譜で弾き語り)、カラオケ、筋トレ。

大学では陸上部所属(十種競技)。全国高校生未来会議の各党代表者演説で5連覇。

<公式サイト>https://www.tamakinet.jp/

<公式Twitter> https://twitter.com/tamakiyuichiro

 

<生徒へのメッセージ>

国の将来を担う若者に元気がなければ、国も元気になりません。私たち国民民主党は、「教育国債」で教育を完全無償化して、誰もが高校卒業まで経済的負担を気にすることなく学べる環境をつくりたいと考えています。我々が公約に掲げた「給料が上がる経済」が実現すれば、奨学金の返済や子育て、将来の年金も心配がなくなります。これからの日本を動かすN/S高のみなさんとお話しできることを、心から楽しみにしています。なんでも聞いてください。

【N/S高政治部 ゲスト講義「野党3党の代表と考える『野党の役割』」】  概要

<日 時>2022年10月12日(水)16時00分~18時00分(予定)

<ゲスト>

泉 健太氏(立憲民主党代表)

馬場伸幸氏(日本維新の会代表)

玉木雄一郎氏(国民民主党代表)

<講師>三浦瑠麗氏(国際政治学者、N/S高 政治部特別講師)

 

<N/S高政治部の活動目的>
・与野党問わず、さまざまな政治家の方の話を直接聞くことで主権者としての視野を広げる

・メディアリテラシーを身につけ、情報操作に惑わされず自分で調べ考え判断する習慣をつける

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら