カドカワが創る新しいネットの高校

ニュース・トピックス

N高、Microsoft HoloLens用アプリ開発イベントを開催
日本マイクロソフト・ドワンゴのエンジニアがサポート

学校法人角川ドワンゴ学園「N高等学校」(以下、N高)は、2018年7月2日(月)~6日(金)の5日間、株式会社ドワンゴのMR(Mixed Reality/複合現実)エンジニアと日本マイクロソフト株式会社のテクニカルエバンジェリストの技術支援のもと、Microsoft HoloLens用アプリを開発するプログラミングイベントを日本マイクロソフト品川本社にて実施します。

 

N高・プログラミングクラスの生徒が「N予備校」のHoloLensアプリ化に挑戦

 

N高では、実社会で役立つプログラミング学習に高校生の時期から取り組むことを重要と考え、入門レベルから実践レベルまで幅広い授業を行っています。2018年からは、週5日通学してプログラミングを徹底的に学ぶ「プログラミングクラス」を通学コースに新設し、一流のプログラマになるための実践型のプログラミング教育を行っています。

 

今回のイベントでは、N高・プログラミングクラスの9名の生徒が、日本マイクロソフトとドワンゴのエンジニア陣によるサポートのもと、マルチプラットフォーム統合開発環境「Unity」を用いて、ホログラフィックコンピューター「Microsoft HoloLens」用のアプリを開発します。参加する生徒は、実施までの約3週間、日本マイクロソフト テクニカルエバンジェリストの高橋忍氏が執筆した『Windows Mixed Realityアプリ開発入門』を教材としてUnityプログラミングの事前学習をして臨みます。

 

今回開発するのは、N高生が使用する学習アプリ「N予備校」をHoloLens上でも機能させるプログラムです。N予備校では、大学受験講座やプログラミング授業、デザイン・クリエイティブ授業など多様で専門的な学習コンテンツをスマホやPCで受講できます。本イベントでHoloLens用アプリを開発することによって、HoloLens上でN予備校の動画と教材を表示すると同時に、手元のPCではコーディング作業やデザイン制作を行うことができるようになり、効率的に学習できる環境を作ることを目標とします。

 

<HoloLensアプリ開発イベント概要>

  • 日 時: 2018年7月2日(月)~ 6日(金)の5日間
  • 会 場: 日本マイクロソフト株式会社 品川本社 (東京都港区港南2丁目16-3 品川グランドセントラルタワー)
  • 参加者: N高・プログラミングクラスの生徒9名 
  • 内 容: Microsoft HoloLens上で「N予備校」を受講できるアプリケーションの開発
  • 開発サポート: 日本マイクロソフト株式会社 テクニカルエバンジェリスト

                             株式会社ドワンゴ MRエンジニア

 

 

 

日本マイクロソフト株式会社 テクニカルエバンジェリスト 高橋忍氏のコメント

「世界中でHoloLensを使った取り組みが進められている中で、今回はMR技術を使った、これからの学習のためのプラットフォームを創ることとなりました。従来の教育系のアプリでよくある特定コンテンツを表示するアプリではなく、日々、生徒の皆さんが学習のために使う、言わば 『未来の授業のスタイル』 を実現するアプリです。特に今回はそれを使う生徒の皆さんが実際に開発に入り、自ら開発するという大変すばらしいチャレンジです。最新技術と最新の開発スタイルで、また一つ『未来』を実現したいと思います。」

 

 

 

 

 

 

株式会社ドワンゴ 先端演出技術開発セクション 岩城進之介のコメント

 「N高ではこれまでもMR入学式などHoloLensを使った取組みをしてきましたが、次はいよいよ毎日の学習に使うためのシステムを開発します。ならば、実際に使うみなさんが積極的に使いたくなるような、使いやすいものにしたい。そのために、生徒さんたち自身に自ら理想の形を考えていだたき、そして開発していただくことになりました。もちろん先進的なHoloLensアプリケーションを開発してきた我々ドワンゴのMRエンジニアが全面的にサポートします。どのような『未来の授業』ができあがるのか、とてもワクワクしています。」

 

 

 

 

 

*Microsoft HoloLensとはWindows 10を搭載し、携帯電話やパソコンなどの外部機器と接続する必要がなく、ワイヤレスで使用できる、全く制約のない初めてのホログラフィックコンピューター。HoloLensを通して、リアル空間で物理的な環境においてホログラムを配置することができ、その世界を見たり、そこでデジタルコンテンツを操作したりすることが可能となる新しい方法を提供している。

 

*UnityとはUnity Technologies社が提供するマルチプラットフォーム向け統合開発 環境。ゲームやアプリケーション開発のためのソフトウェアで、2Dゲームを始め、本格的な3Dゲームやスマートフォンアプリ、AR(拡張現実)・VR(仮想現実)コンテンツなど、様々なデジタルコンテンツの開発環境に採用されている。

 

 

一覧へ戻る