カドカワが創る新しいネットの高校

ニュース・トピックス

BBT大学から経営に関する動画講義の提供を受け、高大接続教育を推進

学校法人角川ドワンゴ学園「N高等学校」(以下、N高)は、株式会社ビジネス・ブレークスルー(東京都千代田区、代表取締役:柴田巌)が運営するビジネス・ブレークスルー大学(学長:大前研一、以下BBT 大学)から動画講義の提供を受けることが決まりました。本日11月1日より、N高生の使うオンライン学習アプリ「N予備校」にて公開し、大前学長の担当科目を含む経営学等に関する一部の動画コンテンツを「Advanced Program(アドバンスト プログラム)」の学習に活用します。

 

 

N高とBBT大学双方には、オンラインの学習プラットフォームを活用し、時と場所を選ばずに学ぶことができる環境が整っており、今回、BBT大学から提供された動画講義をN高生に配信する新たな取り組みを開始します。

 

N高では、高校生が起業家を目指す「N高起業部」や、実社会を題材に自ら課題を考え解決策を発見・発表するカリキュラムである「プロジェクトN」など、社会で活躍できる人材を育む様々な実践的なプログラムに取り組んでいます。

 

N高では、「世界を舞台にビジネスで結果を出せる人材の輩出」をミッションとするBBT大学経営学部との将来的な高大接続教育を視野に入れ、BBT大学の動画講義の一部を活用し、経営についての理解を深めると共に、高校在学時から大学の講義を視聴することで、大学での学びの理解、進路選択等に役立てる機会を提供します。

 

 

<BBT大学から提供を受ける動画講義の概要>

【提供期間】2018年11月1月~2019年3月31日

 

【提供する学習動画コンテンツ一覧】

①「大前ライブ」(大前研一学長)

世界的経営コンサルタントでもある大前学長が、世界や日本で起こった出来事・ニュースを独自の視点で解説します。さらに、「あなたが●●の経営者ならばどうするか」といった、正解の無い現在進行形の経営テーマを取り上げたケーススタディの解説も行います。

 

②「会計入門」(大原達朗准教授)

会社を設立する上で行うべきことと、その際に発生する各フェーズでのお金の動きを見ながら会計を学びます。また、資産、負債、純資産、収益、費用の大きな意味と、企業経営のベーシックな流れを学びます。

 

「マーケティング基礎」(谷中修吾教授)※前半7回目まで

顧客のニーズに基づく価値を提供して対価を得るというマーケティングの基本的な枠組みを体感的に学び、「今すぐ現場で実践できるマーケティングの力」の習得を目指します。

 

④「Essential English Listening」(花田徹也講師)

英語力のなかでも根幹となる「聴く力」を鍛えることにより、ネイティブスピーカーとのコミュニケーションをより円滑にする素地を築くことを目指します。

 

⑤「Essential English Writing」(山田暢彦講師)

日常生活に根ざした身近なシーンを題材に、英語の様々な基本文型を用いて単文を「素早く」そして「正確に」組み立てる実践的な力の習得を目指します。

 

 

◆BBT 大学について◆ http://bbt.ac/

2005 年 4 月に文部科学大臣より認可を取得し経営の専門職大学院として開学。2010 年には経営学部が新設され、「ビジネス・ブレークスルー大学院大学」から「ビジネス・ブレークスルー大学」に改名。新設された経営学部は、日本初の 100%オンラインで経営学学士を取得できる大学となった。大前研一が学長を務める本大学では、“teach(教える)”ではなく学生が主体的に“learn(学ぶ)”するのを手助けすることに大学の役割があると考えている。この考えに基づき、設計されたカリキュラムでグローバル時代を生き抜く力の育成を目指している。2014 年 3 月に 1 期生が卒業。2014 年 10 月には e-Learning 大賞 厚生労働大臣賞を受賞。2015年 12 月に「ITソリューション学科」、「グローバル経営学科」、2017年1月に「履修証明プログラム」が、文部科学省「職業実践力育成プログラム(BP)」認定。

一覧へ戻る