カドカワが創る新しいネットの高校

ニュース・トピックス

N高等学校、リモートワーク雇用制度を導入

~100%在宅勤務の新たな働き方の導入で、
ネットコース教員の生徒と向き合う時間を拡大~

 

学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校(以下、N高)は、教員の働き方改革の一環として、ネットの高校N高だからこそできるインターネットを使ったリモートワーク雇用制度を導入します。

 

文部科学省が2016年に実施した「教員勤務実態調査」の結果から教員の働き方改革が叫ばれ、教員の勤務時間の削減とともに、勤務内容の見直しや負担軽減が喫緊の課題となっています。同省は、2019年1月25日に「「学校における働き方改革推進本部」を設置し、「学校における働き方改革に関する文部科学省工程表」を公開し、教員業務の役割分担や負担軽減策の検討を求めています。

 

本雇用制度では、文部科学省が提示した教員の負担軽減が可能な業務の中から担任連絡補助、学習計画作成補助、学習システム設定・利用説明補助、その他事務作業を担務とする教務事務補助について、出勤の困難な在宅勤務希望者に限定し、2月4日(月)より採用を開始します。

 

N高ではインターネットを活用した学習管理システムを導入し、ネット部活動や職業体験などの課外活動を運営する専門セクションを設けており、教員は自分の受け持つ生徒とのコミュニケーションや進路指導に集中できる環境をつくっています。本制度を導入することによって、今まで以上に教員が生徒に寄り添う時間をつくることができ、さらなる生徒一人一人の目標達成を支援します。本制度で採用する教員事務補助は100%在宅勤務が可能で、ネットコースの教員と連携して事務作業等を分掌します。

 

N高は2016年4月の開校以来、インターネットを活用し多様な学びとコミュニティを提供してきました。高卒資格取得のための教科学習はオンライン教材を活用。コミュニケーションツール「slack」を活用した学校生活では2,000を超えるチャンネルの中で全国のN高生がコミュニティを形成し、これまでの通信制高校には見られないほど生徒同士の交流が活発になっています。教員同士においても同様に、ICTツールを活用し業務を行っています。新たに導入する雇用制度は、これまで培ってきたインターネットを使った働き方のノウハウを活かします。

<「N高等学校 リモートワーク雇用に関する記者発表会」概要>

【日時】2019年2月4日(月)14:00~15:00

【場所】ドワンゴ半蔵門スタジオ(東京都千代田区麹町2丁目2-4 麹町セントラルビル2F)

【登壇者】川上 量生(学校法人角川ドワンゴ学園 理事、カドカワ株式会社 代表取締役社長)

     奥平 博一(学校法人角川ドワンゴ学園 常務理事、N高等学校 校長)

     荻野 志歩(学校法人角川ドワンゴ学園 法人本部 企画部 人事企画課 課長)

【発表内容】N高等学校 リモートワーク雇用に関する説明、及び、質疑応答

<リモートワーク職員 概要>

雇用形態

■契約社員(教員免許取得者のみ)

採用ページ:https://hrmos.co/pages/nkou/jobs/0000434

【業務内容】担任補助業務+教務事務補助業務

      ●担任連絡補助●学習計画作成補助●学習システム設定・利用説明補助●その他事務作業

【勤務時間】最大8時間/日(みなし労働時間制)

【休日】土・日・祝日

【給与】21万(賞与なし)

【休暇】夏季休暇、年末年始休暇、年次有給休暇、慶弔休暇、育児休業、介護休業

【社会保険・福利厚生】社会保険完備、健康診断、休日勤務手当、振替休日制度、育児手当(条件あり)

 

■アルバイト(教員免許取得後、契約社員登用あり)

採用ページ:https://hrmos.co/pages/nkou/jobs/0000435

【業務内容】教務事務補助業務

      ●学習システム設定・利用説明補助●その他事務作業

【勤務時間】9:00~18:00内で応相談

【休日】土・日・祝日

【給与】時給1,000円~

【休暇】夏季休暇、年末年始休暇

【社会保険・福利厚生】社会保険完備(週30時間以上勤務の場合)

【教員免許状取得支援】150,000円/年 ※最大4年まで支給

 

選考フロー・スケジュール

2月4日(月)採用ページオープン

3月     選考開始(書類選考・1次面接・適性検査・2次面接・最終面接)

      ※アルバイトの方については、2次面接は人事面談となります。

4月     リモートワーク勤務開始

      ※2019年 4月以降は採用状況に応じて適宜、募集・選考継続

一覧へ戻る