カドカワが創る新しいネットの高校

ニュース・トピックス

~11月21日はインターネット記念日~
N予備校、インターネット教材を新たに公開

 

学校法人 角川ドワンゴ学園 N高等学校(以下、N高)は、オンライン学習プラットフォーム「N予備校」のコンピューターサイエンスコースにて「ネットワーク教材」を11月21日(木)に公開します。

 

本教材では、ネットワークの基礎知識やリンク層・インターネット層・トランスポート層・アプリケーション層などにおいてインターネットで使われている技術を中心に、インターネットがどのように作られているのかを学習することができます。N高のプログラミング教育では、コンピューターを動かす手段であるプログラミング言語の習得だけでなく、インターネットの世界を支えるネットワークの仕組みを理解することも重要と考えています。公開時は教材は5節公開され、随時追加していく予定です。1節辺り1時間程度で学べる内容となっています。

 

本講座は一般会員へも公開します。詳しくは、下記URLをご覧ください。

https://www.nnn.ed.nico/pages/programming/

 

 

<N予備校 コンピューターサイエンスコース「インターネット教材」 概要>

【著 者】  小松礼人(こまつよしと)氏

                 Twitter:@ykoma0

                 コンピューターが好きな京都の弁護士。好きなプログラミング言語はClojureとRust。

                 最近興味があるのは、自作キーボードとFPGA。『実践Rust入門』の著者の1人。

【内 容】 

第1節 | ネットワークの基礎(サーバーとクライアント、プロトコル、パケット交換と回線交換など)

第2節 | リンク層(ベースバンド伝送方式とブロードバンド伝送方式、イーサネットなど)

第3節 | インターネット層(インターネットワーキング、インターネットプロトコル、ICMPなど)

第4節 | トランスポート層(RFC793、ネットワークの輻輳)

第5節 | アプリケーション層(HTTP/1.1)

【監 修】  N予備校プログラミングセクション

【受講方法】N予備校にログインをし、「受講コースを追加する」→「プログラミング」→「コンピューターサイエンス」→「ネットワーク」の順に選択

一覧へ戻る

学校法人角川ドワンゴ学園は、
N高等学校以外にも
さまざまな学びの場を提供しています