KADOKAWAが創る新しいネットの高校

ニュース・トピックス

~【プロジェクトN】活動レポート~
ヘルスケアゲーム制作プロジェクト キャンパス全国横断成果発表会を実施

 

N高等学校(以下、N高)は2019年12月18日に代々木キャンパスにて、PBL「プロジェクトN」成果発表会を実施しました。本発表会では、11月・12月に取り組んでいた「『健康』をテーマに、若者に正しい健康についての理解を促し、健康管理を継続させるヘルスケアゲームの企画立案&プロトタイプの成果物」をプレゼンテーションしました。

 

審査員には、11月に特別授業を行っていただいたジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループの甲斐さん、星名さん、伊藤さんと、Niantic, Inc.の須賀さんを迎え、13のキャンパスをビデオ会議ツール「Zoom」を使い、全国の通学コース生が参加しました。

 

発表:個性豊かなヘルスケアゲーム

 

プレゼンテーションは全国のキャンパスの中から予選を勝ち抜いた9チームが発表。1チームあたり4分間で、ターゲット選定、ゲームの特長、プロトタイプの実演を行いました。審査基準は、①課題解決力(選定した健康への課題に対して、調査・分析の解決策が明確であるか)、②評価分析力(制作したゲームを被験者に体験してもらい、PDCAを回せているか)、③プレゼンテーション力(魅力的で説得力のある伝え方ができているか)の3項目。健康を支える、食事・睡眠・運動を切り口に個性豊かなヘルスケアゲームが出そろい競い合いました。

 

最優秀賞には、柏キャンパスのチームが制作した一人暮らしの女子学生向けにバランスのとれた食事を意識してもらうゲーム「GHOST MEAL」が選ばれました。既存の食事アプリは継続性に課題があるとし、育成ゲームの要素を兼ね備えた食事管理スマホアプリを提案しました。足りない栄養素を補うために、自炊レシピだけではなく近場の飲食店もレコメンドしてくれる機能を実装。フレンド機能を追加し、コミュニティを作ることで継続性を高める仕掛けを組み込んでいました。既存のアプリを参考にし、収益元としてクーポン掲載による広告収入などゲーム自体の運営継続性も考えられ、総合的に評価が高く最優秀賞を受賞しました。

 

次点は、大宮キャンパスの「Salutem(サルテム/ラテン語で健康を意味する)」。健康に対する意識は高いが、予防行動ができてないため生活習慣病のリスクが高まっている大学生に向けたアプリです。予防行動ができている人は、実際に健康で困っている人であるという仮説から「不健康を知ることで健康を目指すシミュレーションゲーム」を開発しました。

 

 受賞結果の発表後、審査員による各チームの作品への講評が行われました。さらに審査員からは、「ターゲット選定の部分で若者と言っても小中高生と大学生だと生活リズムやビジネス構造が変わってくる、そこから導くインサイトの深堀りが重要」など、実際にマーケティングに携わる方からの目線を踏まえたアドバイスがありました。また、ゲーム制作に関してもプレイする側だけでなく、周りの安全性を考えることや、ワクワク感を醸成するためのゲームのネーミングにまで言及する話があり、現状の発表に足りないところ、逆によく考えられていたところを知ることができ大きな学びとなりました。

講評:4分間のプレゼンテーションで伝えるという事

 

審査員の甲斐さん(ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ)、須賀さん(Niantic, Inc.)からプレゼンテーションを行う上で大切な言葉をいただきました。

 

甲斐さん「フィードバックは宝物になります。社会人になり立ての時に新入社員が社長にプレゼンをする機会があり、私はその時に社長から受けた質問が今でも忘れられません。『今、発表したプランを達成するために、リスクの高いものから順番に3つ挙げ、それらに対して具体的にどのように対処するつもりであるのかを説明してください』と言われた時に、私は固まってしまいました。当時の私はそんなことを考えてもいなかったからです。その質問を宝物と捉え、今は何かをプランしプレゼンをする際にはいつもこれを念頭に置いています。みなさんも、もらったフィードバックの一つひとつを大切にして、プロジェクトNの次のテーマに活かしていってください。」

 

須賀さん「みなさんは、4分間に内容を詰め込むことの難しさを感じられたと思います。この4分間以外にも、もっと言いたいこと見せたいことがたくさんあったと思います。それを4分に縮める作業というのは大変なことです。エレベーターピッチという言葉がありますが、社長の時間が取れないときにエレベーターに乗った瞬間30秒でプレゼンをし、YESと言わせる能力は大切です。短い時間で要点を伝えるスキルを磨くことで仕事だけではなく、普段の生活にも役立ってくるのでどんどん磨いていってほしいなと思います。」

 

今年の1月・2月は、2020年東京オリンピックを機に、さらに増加傾向にある訪日外国人観光客に向けて、生徒自身が興味のあるカテゴリーに絞った日本のイチ推しスポットを紹介するWebサイトを制作します。本発表会で得たプレゼンテーションのポイントを踏まえてさらなる成長を期待しています。

一覧へ戻る

学校法人角川ドワンゴ学園は、
N高等学校以外にも
さまざまな学びの場を提供しています