カドカワが創る新しいネットの高校

N高ブログ

第2回 沖縄プレミアムスクーリング~暑さなんてなんくるないさ~

 

はいさい!(こんにちは!)

2019年9月30日~10月4日の5日間、沖縄伊計本校にて、今年第2回目の沖縄プレミアムスクーリングが開催されました。期間中は毎日快晴、日照りもとても強い中でのスクーリングとなりました。

今回も5日間の様子をダイジェストでお伝えします。(トップの画像は人文字で「OKINAWA」を作ってみました)

 

 

授業風景

沢山の授業がある中で、今回ピックアップしたのは2つ。英語と体育の授業です。

まずは英語から。

 

N高生にとって1年に5日間、教科の授業を直接受ける貴重な機会であることを生徒たちも理解しているため、真剣なまなざしで授業を受ける様子が多く見受けられました。とくに英語の学習では、発音やリスニングも重要なポイントであるため、先生の言葉にしっかりと耳を傾けていました。

 

続いては体育の授業。

今回はボッチャ(※)を中心におこないました。チーム戦では、仲間とともに勝利を目指して、白熱した戦いが繰り広げられました!

 

※ボッチャとは…パラリンピック正式種目のボールを使用した競技。ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに、赤・青のそれぞれ6球ずつのボールを投げたり、転がしたり、他のボールに当てたりして、いかに近づけるかを競う。

 

◆課外活動

今回もさまざまな課外活動をおこないました。その中から、マリンスポーツ・ハーリー体験と首里城見学の様子をお届けします。

 

まずは、マリンスポーツ体験から。

近くのビーチでは、水上でのグラスボートやバナナボートなどマリンスポーツ体験もしました。

 

グラスボートとは船底がガラスになっていて、海中を観察できるボートです。青々としてきれいな海と魚の姿を見ることができました。

 

続いて、ハーリー体験。

当日は風が弱く、絶好のハーリー日和でした。

 

 

そもそも、ハーリーとは…?

沖縄に古くから伝わる伝統の行事で、ハーリーと呼ばれる船を漕ぎ競い合うことで航海の安全や豊漁を祈願するものと言われています。

赤と白の2チームに分かれ、速さを競い合いました。大接戦の末に赤組の勝利!

活動終了の後にも、生徒からは「もう1度チャレンジしたい!」とリクエストの声があがりました。とても楽しいハーリー体験になったようですね。

 

最後は、首里城見学についてです。

スクーリングの初日に世界遺産にも登録されている首里城の歴史などについて学んだ上で、最終日には実際に首里城を訪れました。

下の写真は生徒が撮影してくれた1枚です。

 

しかしながら、10月末に首里城火災のニュースを知った際は大変驚きました。この時に大きな感動をくれた首里城がもうないと思うと、残念でなりません。生徒たちには、貴重な体験であったことを改めて心に留めておいてほしいと思います。1日も早い復旧をお祈り申し上げます。

今回のプレミアムスクーリングもとても充実したものとなりました。参加して生徒たちには、マナーや約束を守る大切さや、今しかないこの瞬間の学びを実感してもらえたかと思います。どんな場面でも、生徒たちの元気さ、素直さ、溢れる笑顔がキラリと光り輝いていて、教職員もパワーをもらった5日間でした。

 

みなさん、またスクーリングでお会いしましょう。伊計本校でお待ちしています!

 

 

一覧へ戻る

その他の記事

沖縄伊計本校
2019/07/03

2019年度 第1回 沖縄プレミアムスクーリング~沖縄の豪雨ニモ台風ニモマケズ~

沖縄伊計本校
2019/02/07

第4回 プレミアムスクーリング~冬の海を楽しむ~

沖縄伊計本校
2018/09/12

第1回 沖縄ローカルスクーリング 伊計本校で沖縄を学ぶ

学校法人角川ドワンゴ学園は、
N高等学校以外にも
さまざまな学びの場を提供しています