KADOKAWAが創る新しいネットの高校

N高ブログ

高校生トラックメイカーSASUKEとN高応援歌をレコーディング!

 

2019年12月、西麻布のとあるレコーディングスタジオに、歌うことが好きなN高生が集まりました。

 

その理由はなんと、同じくN高1年生でトラックメイカーとして活躍するSASUKEこと原口沙輔さんが作ったN高の応援ソングを一緒にレコーディングすることになったから。

曲のタイトルは「希望の定理 ~I’ll take your wish~」。作詞、作曲、編曲、プロデュースすべてをSASUKE君が手がけ、オンラインを通じて募った歌が好きな生徒たちが歌います。

 

どの生徒にとってもレコーディングは初めての経験。それどころか、当日まで「Slack」(N高のコミュニケーションツール)でのやり取りはあったものの、集まった生徒たちの多くが初対面です。自己紹介をして、お互いのことを知るところから始まりました。

 

 

自己紹介を終えたところで、別室でレコーディングの準備をしていたSASUKE君といよいよ対面です。

歌や音楽が好きな生徒たちにとって憧れの存在であるSASUKE君と会えるとあってドキドキしている様子。対面の瞬間はみんな大感激!

「同じN高生と一緒にレコーディングできることが嬉しいです。歌ってくれる人あっての曲なので」と挨拶をするSASUKE君の言葉に、嬉しさと緊張から直立不動で静かにうなづく生徒たちでした。

 

さっそくレコーディングがスタート。まずは全員一緒に歌声をレコーディングします。歌好きが集まっているだけあって歌のレベルは高く、自宅でそれぞれ自主練をしてきているので歌詞もばっちり頭に入っています。みんな楽しそうに歌っていました。

 

休憩をはさみ、次はソロパートのレコーディングです。

 

 

一人ずつレコーディング室に入り、他の生徒は控え室に戻ります。

控え室では「希望の定理 ~I’ll take your wish~」をリピートで流しながら歌の練習をしたり、勉強をしたり、おしゃべりをしたりと、生徒たちはさまざまな過ごし方をしていました。

交代でレコーディング室に入る生徒に「頑張って!」と声をかける様子に、すっかり仲良くになったことがわかります。

 

一方、レコーディング室ではSASUKE君が全員のレコーディングに立ち合い、アドバイスをしながら順調に進めていきます。ソロレコーディングを終えた生徒一人ひとりにお礼と歌の感想をていねいに伝えていました。

 

 

 

合間にはSASUKE君とツーショットで写真撮影をする光景も。その人気ぶりが伝わります。彼の曲のどこが好きかなど、自分の想いを伝える生徒もいました。

 

こうして、無事全員がレコーディングを終えました。

参加した生徒とSASUKE君、双方にとって良い思い出になったのではないでしょうか。最後に、SASUKE君のインタビューをご紹介します。

 

ー音楽制作と勉強の両立をしているSASUKE君ですが、レポート(N高で高卒資格取得のために必要な課題)はどんなタイミングで取り組んでいますか?

SASUKE:音楽制作が中心の生活ですが、移動中や空いた時間に取り組んでいます。レポート提出がギリギリになることもたまにあります(笑)

 

ー「希望の定理 ~I’ll take your wish~」はどのようなことをイメージして制作しましたか?

SASUKE:N高や、高校生活での青春や元気な生徒たちの爽やかな感じは常にイメージしながら制作しました。オンライン上で繋がっていたり、いろいろな分野において授業が受けられる自由な幅広い雰囲気も意識しました。歌詞は、好きなことに没頭したい、もしくは今から探したい人へ向けた内容になっています。「このN高に入ったからには安心して自分の好きなことに時間を使える(独り占めできる)、だから希望を持って大丈夫」ということを全体的に歌っています。「N高は希望の定理が成り立っている場所だよ」みたいな。

 

ーN高生と一緒にレコーディングしてみていかがでしたか?

SASUKE:とにかくみんなが楽しそうでした。レコーディングが始まるまでの間ですぐに仲良くなっちゃったみたいで、レコーディング中はお互い応援しあったりしてるんです。だからみんなが仲良い感じが録った音源にも出ていて、楽しい雰囲気が伝わってくる曲になりました。

 

ーさまざまな分野で頑張っている同じN高生にエールをもらえますか?

SASUKE:今はいろんな分野において好きなことを年齢関係なく活躍できるし、仕事にすることもできます。でもそこまでいくにはものすごく時間をかけないといけないかもしれないし、もっとその分野のことを学ばないといけないかもしれない。やっぱりどうしても、みんなと同じように学校に通って、勉強して、となると時間が足りなくなってしまうと思います。そんな中このN高を見つけて、好きなことに時間をかけて、しかも勉強もできるとても良い環境に出会えているわけです。もう何も心配せずに突っ走ることができます!「時間の独り占め」は悪いことじゃない。好きなことに没頭している姿を見て希望を抱く人もたくさん出てくると思います。レポートも頑張りつつ、好きなことを楽しみながらお互い頑張りましょう!

 

 

「希望の定理 ~I’ll take your wish~」は各配信サイトにて本日より配信開始、ミュージックビデオも公開されます。今回お伝えしたレコーディングの裏側を知ってから聞くと、一味違った楽しみ方ができるかもしれません。

N高生たちの元気な歌声をぜひ、聴いてみてくださいね。

 

◆「希望の定理 ~I’ll take your wish~」

 

【作詞・作曲】SASUKE

【歌い手】N高合唱部 Prod.SASUKE

【配信日】2020年3月11日(水)

【楽曲配信URL】

https://nhigh.lnk.to/kibonoteiri

【MV公開URL】

https://youtu.be/Nho5qturBb0

 

一覧へ戻る

その他の記事

N高全体
2020/03/30

【セブ島短期留学】現地でしか得られない語学力アップと異文化体験

N高全体
2020/03/12

【職業体験】1冊の本をみんなで“冒険する”~最先端の図書館で集団読書を体験~

N高全体 マイプロジェクト
2020/03/10

【N高マイプロジェクト】
「全国高校生マイプロジェクトアワード」地域大会で堂々プレゼ…

学校法人角川ドワンゴ学園は、
N高等学校以外にも
さまざまな学びの場を提供しています