カドカワが創る新しいネットの高校

N高ブログ

【プロジェクトN】幻冬舎編集者・箕輪厚介氏による特別授業
「出すぎる杭になる方法」

5月28日、御茶ノ水キャンパスで行われた「プロジェクトN」では、幻冬舎編集者の箕輪厚介(みのわ・こうすけ)さんをお招きし“出すぎる杭になる方法”というテーマで特別授業をしていただきました。

 

<箕輪厚介氏プロフィール>

大学卒業後、大手出版社「双葉社」に入社。ファッション雑誌にてタイアップや商品開発、企画運営などを手掛け、『ネオヒルズジャパン』を創刊。その後も、見城徹著『たった一人の熱狂』や堀江貴文著『逆転の仕事論』などの編集に携わり、2015年7月より現職「幻冬舎」の編集者として活躍。

 

生徒たちには事前に箕輪さんについて調べる課題が出されており、直前までリサーチを続けます。

TA(ティーチング・アシスタント)の先生が関連サイトや記事を紹介してくれたので、PCもスマホもフル稼働。情報を整理し、授業へ挑む準備が整いました。

 

授業が始まると、あっという間に“箕輪ワールド”が展開。様々な経験談、普段から疑問を持つことの大切さなど、興味を惹かれるお話が次々と続きます。

 

箕輪さんが新入社員の頃、新人研修の日報に「茶番だ」と書いて上司に怒られたというエピソードは、思わず笑ってしまいながらも印象に残ったお話。

「ルールは疑って、壊して、作る」という箕輪さんの言葉に、生徒たちも納得している様子でした。

 

お話を聞いた後は、実際に自分たちで考えていく「ワーク」の時間。

テーマは「通学途中で気づいた問題点」を挙げ、それに対する「超具体的な解決策」を導き出していくこと。

グループごとに話し合い、お互いの意見を聞いていきます。

 

たくさんの問題点が挙がり、ディスカッションが活発に繰り広げられました。

時には真剣に、時にはユーモアを交えて、グループのメンバーに自分の考えを共有していきます。

 

ワークの後、御茶ノ水キャンパス、そして中継で授業を受けていた全国7キャンパスの生徒たちが成果を発表しました。

地域性も出ていた様々な「問題点」に、笑顔でフィードバックをしてくださる箕輪さん。

それを聞く生徒たちは真剣そのものでした。

生徒たちが発表した内容の一部をご紹介します。

 

【気づいた問題点】新幹線の車内販売の方法について

【具体的な理由】①通路をふさぐので身動きが取れない ②危険 ③時間がかかる ④人件費がかかる

【超具体的解決策】 注文する時はタッチパネルまたは、注文アプリを使用する

【メリット】①人件費の削減 ②メニューを見ることによる購買意欲の高まり ③会話をしないで買い物したい人にも喜ばれる

 

「若さっていいねぇ。面白かった!」

最後は箕輪さんに授業の感想をいただき、終了となりました。

 

あっという間の2時間でしたが、身近にある問題に「気づく」ことの大切さや、それに対するアプローチの仕方……。

今後のプロジェクト学習に活かすことのできる実践的なスキルを身に付けることが出来ました。

一覧へ戻る

その他の記事

御茶ノ水キャンパス
2018/12/07

【キャンパスフェスティバル】最高のおもてなしを目指して準備しています

御茶ノ水キャンパス
2018/11/21

「中国語検定試験」に向けて勉強しています

御茶ノ水キャンパス
2018/11/01

グループ面談で論理的な思考を養う