カドカワが創る新しいネットの高校

N高ブログ

名古屋キャンパスに5人の新しい仲間が増えました

 

本格的な夏の訪れを感じさせる陽気が続く7月。名古屋キャンパスには、5名の新しい仲間が加わりました。

7月2日、新入生(※)の初登校の日の1日の様子をお伝えいたします。

(※)N高の通学コースでは、ネットコースや他校からの転入生を、7月、10月、1月に迎えています。

1限目は、「プロジェクトN」の授業の見学です。この日は全国各地の8キャンパスを中継で繋ぎ、合同で授業を行いました。各キャンパスの先輩たちの発表する姿は、しっかりと新入生のお手本になったでしょうか。

 

2限目からは、オリエンテーションが行なわれました。まずは通学コースの教材である「MacBook」の使い方の説明から始めます。

入学が決まってからパソコンを購入した生徒もいたので、苦労する場面もありましたが、みんなで協力しながら無事に設定を終えることが出来ました。

 

その後は、通学コースの1日の流れや、レポートの進め方などの説明がありました。N高生活を楽しんでもらうには、まずは知ってもらうことからですよね。

そして午後、待ちに待った「新入生歓迎会」の時間です。在校生も新しい仲間たちの入学を心待ちにしていました。

この日に行われたのは「お絵かき伝言ゲーム」。

ルールはいたってシンプルで、伝えられたお題を「絵」を使って伝言していき、最後の人まで正しく伝わるかを競います。内容は簡単なゲームですが、お題の特徴を掴み、表現する力が問われます。

ゲームは10人1チームで行われ、1〜10までの順番を決めていきます。

 

①1番目の人のみにお題が伝えられる。

②1番目の人は、自分の記憶を頼りにお題の絵を30秒間で描く。

③1番目の人は、2番目の人に10秒間だけ描いた絵を見せる。

④2番目の人は、その絵を頼りにまた30秒間で絵を描く。

これを10人目まで続けていきます。

 

ひとつ目のお題は「羊」。

開始と同時に、トップバッターの生徒たちがペンを走らせます。みんな真剣な表情で絵を描いていました。

 

10人目まで順番が回り、回答が出そろいます。最後の人が描いた絵が、なぜか「イモムシ」だったチームも……。

絵で的確に情報を伝えるのは難しいですね。

 

 

短い時間で絵を完成させることに悪戦苦闘しながらも、みんな笑顔で楽しんでいて、新入生と在校生が笑い合うシーンも見られました。

 

4月に開校した名古屋キャンパスは、「みんなで作る名古屋キャンパス」をテーマにしています。

新しく仲間たちが増えたことを、在校生も教職員も心から嬉しく思っています。

今朝登校した時より、少し表情が和らいだ新入生とともに、より良いキャンパスづくりを目指していきたいと思います。

一覧へ戻る

その他の記事

名古屋キャンパス
2018/12/14

議論をより充実したものにする「グル面向上委員会」発足

名古屋キャンパス
2018/11/19

名古屋キャンパス「キャンパスフェスティバル」の実行委員を紹介します

名古屋キャンパス
2018/10/30

【沖縄研修旅行】いざ南の島へ!他キャンパスの仲間たちと交流を深める