N高等学校・S高等学校ネットの高校ブログ

一覧へ戻る

N/S高全体マイプロジェクト

【N/S高マイプロジェクト】
「全国高校生マイプロジェクトアワード2023」全国Summitに3名が出場!

【N/S高マイプロジェクト】   「全国高校生マイプロジェクトアワード2023」全国Summitに3名が出場!

課外授業のひとつである「ネットの高校マイプロジェクト」(以下:N/S高マイプロ)は地域や身の回りの課題や、自身の興味関心などをテーマにプロジェクトを立ち上げ、長期的に実践する課題解決型プログラムです。
自ら課題を見つけ、解決のためのアプローチを思考しながらプロジェクトと向き合うことで、社会や人とのつながりを学ぶことができ、社会を変える一歩を踏み出すプロジェクト学習と言えます。
 
2023年度は13名のN/S高マイプロ生を含む17名のN/S高の生徒たちが、それぞれのマイプロジェクトを携えて「全国高校生マイプロジェクトアワード2023」の地域Summitに出場しました。

「全国高校生マイプロジェクトアワード」とは、探究学習・マイプロジェクトを実行した全国の高校生が一堂に会し、活動の発表・参加者との対話を通して次の一歩を考える、日本最大級の「学びの祭典」です。

地域Summitで他の高校生たちとの交流を通して得たさまざまな気づきをもとに、さらに自分やプロジェクトと向き合い、続く動画選考へ挑んだ生徒たち。
選考の結果、以下の2つのプロジェクト(3名)が全国Summitへの出場を果たしました!

 京都府Summit代表 山代瑞紀さん
「政治を楽しく面白く!Pote me!」
プロジェクト紹介:政治って、難しそう、政治って、つまらなそう、イメージだけで遠ざかるの、勿体なくない?
“政治“って、私たちの生活にとってきっと大切なもの。
だからこそ、もっと身近に感じてほしい。 

■ オンライン【B】Summit代表 高橋歩奈さん・西田昂平さん
「校外の可能性を関西から 〜何にも捉われない世界へ!夢の架け橋プロジェクト〜」
プロジェクト紹介:「校外の可能性」を中高生へ届ける目的のもと立ち上げた課外活動促進プロジェクトです。
過去の経験から、「学校と家庭以外の居場所が欲しい」「一歩踏み出してみたい!」といった中高生の背中を押すため、学生団体を通して“十代の可能性“を伝える活動をしています。

 
全国Summitは2024年3月22日(金)~24(日)、東京の有明セントラルタワーホール&カンファレンスにて開催され、コロナ禍を経て5年ぶりの対面実施となりました。
3日間に渡る学びの祭典には全国2,600プロジェクト(計7,000名の高校生)の中から選ばれた48プロジェクト「All Star Team」が参加。
福祉、環境、防災、伝統工芸、地域創生、アートといった多様なテーマのプロジェクトで溢れていました。
 
発表当日は各ブースに分かれて自身がしてきたことや、想いを伝えるピッチ(短いプレゼンテーション)を行い、行政や企業、大学機関等で活躍されている社会人サポーターから発表内容の感想と質問を受け、プロジェクトを始めた時や進めていく上で感じた想いや、これから目指すゴールなどについて回答しました。

それぞれのプロジェクトに賞の授与が行われ、山代さん、高橋さん、西田さんは出場者に贈られる全国優秀賞を受賞しました!

ここに集った高校生、サポーター、ファシリテーター、事務局全ての人が共に学び、共に創ることをテーマに、プロジェクト発表や評価・講評の時間以外も、たくさんの想いを話し、気づきを共有する時間が設けられていたことが印象的です。
参加した高校生はもちろん、見守り応援してきた大人たちにとっても、たくさんの気づきや感動がある時間でした。
 

最後に出場者からの感想を紹介します。(学年は2024年3月時点)

山代瑞紀さん(京都キャンパス・3年)

ずっと目標だった全国Summitの場に立てたこと、本当に嬉しかったです。
全国Summitの3日間は、発表の場だけでなくグループワークの場・交流の場でもたくさんの刺激を受けることができました。
同じ熱意をもってマイプロジェクトに取り組む仲間たちとの交流は何よりも楽しく学びのあるもので、そんなことが高校生でもできるんだ!という驚きと勇気をもらった3日間でした。
全国Summitで得た経験を大切に、次のステップに活かしていきたいです!


高橋歩奈さん・西田昂平さん(梅田キャンパス・2年)

高橋歩奈さん
まずは、ここまで一緒に歩んでくれたパートナーに感謝を贈ります。
「全国高校生マイプロジェクトアワード」で出会った高校生たちの熱量には心を打たれました。
「学びの祭典」という言葉にふさわしい、ここでしか出会えないであろう感動を忘れることなく大人になりたいです。
右も左もわからず、戸惑いながら時にすれ違いながら重ねてきた時間を初めて形にしたことで、自分が意外にも強い想いを持っていたことに気がつきました。
活動の大切な節目であり、新たな出発地ともなるような経験でした。
ここで吸収した学びはこれからの自分にとって強力な手札になると確信しています。

西田昂平さん
当初はここまで大きなプロジェクトになると想像しておらず、喜びと同時に驚きの気持ちがあります。
途中、さまざまな困難に直面しましたが、ここまで共にプロジェクトを動かしてきた相方の存在にとても感謝しています。
出場を通して、全国の高校生のプロジェクトに対する熱意の大きさや背景を知り、感動と共にさらなるステップアップが必要だと思い知らされました。
「全国高校生マイプロジェクトアワード」をゴールとせず、その先の未来へ向け幅広く活動を続けていければと思います。

 
全国という大舞台での発表、本当にお疲れ様でした。
ここでの経験や出会いが今後どのような形で実を結ぶか、今からワクワクしますね。
N/S高マイプロは今後も多くの生徒の”マイ”プロジェクトを応援していきます。
 
※普段の様子はFacebookでも紹介しているので、こちらもご覧ください。

一覧へ戻る

その他の記事

【Class H】クリティカルシンキング講座に挑戦しました

N/S高全体

【Class H】クリティカルシンキング講座に挑戦しました

「数理の翼 伊計島セミナー 2024」開催~沖縄本校で高度な講義・議論を展開~

N/S高全体

「数理の翼 伊計島セミナー 2024」開催~沖縄本校で高度な講義・議論を展開~

第21回ネット遠足〜失った記憶をたどる冒険へ出発!~

N/S高全体

第21回ネット遠足〜失った記憶をたどる冒険へ出発!~

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら

入学相談

資料請求

説明•相談会