N高等学校・S高等学校ネットの高校ブログ

一覧へ戻る

ネット部活

【N/S高起業部】高校生起業家は卒業後どうしてる?
特別顧問家入氏・夏野理事に“今”を報告

【N/S高起業部】高校生起業家は卒業後どうしてる?  特別顧問家入氏・夏野理事に“今”を報告

起業を通して中高生の柔軟な感性でイノベーティブな考え方を学び、日本や世界を支える人材の育成を目指すN/S高起業部

今回のブログでは「起業部 特別顧問講義2024」についてお届けします。

2024年3月4日(月)に実施された特別講義は、高校生時代の過ごし方が将来のキャリア構築にどう影響を及ぼすのかについて、起業部特別顧問であり連続起業家の家入一真氏、学園理事であり社内起業家としての背景を持つ夏野剛さんと、高校時代に起業したN/S高起業部の卒業生2名にお話を伺いました。

出演者
家入 一真 さん(起業部特別顧問・株式会社CAMPFIRE代表)
夏野 剛 さん(角川ドワンゴ学園理事)
中村 彩 さん(起業部2022年3月卒業、慶應義塾大学)
高橋 元 さん(起業部2023年3月卒業、株式会社ozora代表)


当日の講義の様子はYouTubeでご覧いただけます。

<YouTube>
https://www.youtube.com/watch?v=af2rFJHYEPs

卒業生の中村彩さんはN/S高起業部在籍時に、地元である香川県の観光アプリを制作し起業。
令和3年度のN/S高卒業式では卒業生代表答辞を務めました。
現在は慶應義塾大学に在学し、ソーシャルイノベーションを学びながら中高生向けの探究活動の講師や、学生向けの講演も精力的に行っています。

中村さんが高校時代の取り組みで意識していたこととして、「さまざまなイベントや企画に挑戦、立候補すること」と話してくれました。
進路選択については、起業部での活動実績をもとにAO入試を活用して慶應義塾大学に進学した経緯や、その際に作成した資料の一部も共有してくれました。
起業部特別審査会やプレゼンの機会を、大学入試やインターンの面接など、いろいろな場面で活かすことができている実感があるそうです。

現在の活動報告としては、中村さん自身が中学時代に不登校を経験したことから、「中高生の不登校者数、自殺者数の増加に歯止めをかけたい」という想いを持って、第3の居場所「ぽわぽわ図書館」を立ち上げたことを教えてくれました。
新聞やメディアにも取り上げられているそうです。

中村さんの発表を聞いて、家入さんは「さまざまな活動や学びが、これからのビジネスや組織マネジメントに繋がってくると思います。この先も応援しています」と激励。
夏野さんからは「中村さんの魅力が伝わる、説得力のあるプレゼンでした。N/S高と同じように大学生活をエンジョイして、いい意味で利用して欲しいなと思っています」と温かいメッセージが贈られました。

続いては、卒業生の高橋元さんの発表です。
高橋さんはN/S高起業部在籍中に、ドローンパイロットとしての経験を活かし「ドローンに触れて、学んで、活用までできる」サービスを提供する株式会社ozoraを設立しました。
学内では「ドローン同好会」を発足し、令和4年度のN/S高卒業式では卒業生代表答辞を務めました。
現在は経営に専念して、ドローンによる撮影業務や体験会の開催、ゲーム開発事業を展開しています。

オーストラリア在住だった高橋さんは、コロナ禍をきっかけに帰国し、N/S高に編入して「N/S高アントレ(※)」に参加しました。
※N/S高アントレ…N/S高起業部で行っている、0から学ぶアントレプレナーシップ(起業精神)教育プログラム。

N/S高アントレでの学びから、もともと取り組んでいたドローン撮影に関するビジネスプランを作成して起業部に入部しました。
入部後は、アプリ制作のための知識を身につけるため、ネットコースからプログラミングコースにコース変更したり、ドローンに興味をもつN/S高生のために「ドローン同好会」を発足したりと、精力的に活動を進めてきました。

現在の取り組みとして、ドローンに触れる機会の提供(体験イベント)やドローンへの理解を深める場づくり(コミュニティや教室)、ドローンを活用して仕事にするための活動を報告してくれました。
また、「空を飛ぶ楽しさを知ってもらう」ために、Google Earthを使用した、ドローン操作で飛行体験ができるゲームアプリをリリースし、すでに多くのユーザーを獲得しています。

高橋さんの発表を聞いて、夏野さんは「好きなことを追求していることが良いと思います。(あえて)大学進学せずに、やりたいことを突き詰めることを優先していて、とても楽しそうです」と感心。
家入さんは「ブレずに続けていることが素晴らしいです。時代の波に乗るためには、日々を積み重ねることが大事。これにコミットするんだという気持ちを応援したいです」とメッセージを残しました。

大学進学をして自らの可能性を広げている中村さん、起業家として事業にコミットしている高橋さん。
それぞれのキャリアを歩む卒業生のお話を聞いて、在校生もたくさんの刺激を受けたようです。

最後に、全国の高校生に向けて、夏野さんと家入さんからメッセージをいただきました。

夏野さん
「起業するかどうか、成功するかどうかは二の次です。いろいろな可能性にトライしようとしていること自体に価値があり、人生に大きな影響を与えます。ぜひ諦めないで頑張ってください」

家入さん
「自分だからできること、やる意義があることを継続して突き詰めていくということが大事です。それを高校時代に見つけることができると良いと思います」

家入さん、夏野さん、そして卒業生のお二人の言葉を胸に、起業部はさらに活動を進めていきたいと思います!

一覧へ戻る

その他の記事

【N/S高投資部】投資部での活動について部員2名の振り返り

ネット部活

【N/S高投資部】投資部での活動について部員2名の振り返り

【N/S高起業部】 挑戦と学び。 展示交流・ビジネスイベント「JAPAN INNOVATION DAY 2024」に 起業部生3名が参加

ネット部活

【N/S高起業部】 挑戦と学び。
展示交流・ビジネスイベント「JAPAN INNOVATION DAY 2024」に
起業部生3名が参加

【N/S高起業部】 手先に自信を!ネイルケアブランドを設立した起業部生による ワークショップ&トークセッションを開催

ネット部活

【N/S高起業部】
手先に自信を!ネイルケアブランドを設立した起業部生による
ワークショップ&トークセッションを開催

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら

入学相談

資料請求

説明•相談会