KADOKAWAが創る新しいネットの高校

ニュース・トピックス

~オンラインでワークショップ開催~
視覚以外の感覚で物事をとらえて相手に伝えよう
「見えない相手とのコミュニケーションを考える」

 

学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校(以下、N高)は、2020年7月17日(金)・24日(金)・31日(金)に一般社団法人ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ(東京都港区)の協力のもと、「見えない相手とのコミュニケーションを考える」をテーマに、オンラインワークショップを実施します。

 

N高はインターネットを活用した“ネットの高校”として、オンラインで多くの学校活動を行っています。新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止していた職業体験やワークショップ、プロジェクト学習のオンライン化にも挑戦し、日本各地の地方自治体、企業、大学、NPO、専門家の方々と連携して、生徒が将来の自分の仕事について考える機会を提供したり、全国各地のN高生と一緒に高校生活を楽しめる環境作りを目指しています。

 

 

今回のオンラインワークショップは、Zoom(ビデオ会議ツール)を使用し、視覚障がい者に視覚以外で物事を覚えるコツ、とらえるコツなどを話していただいた後、普段とは異なる感覚で物事をとらえ、言葉で伝える方法を考えていきます。参加するN高生はグループに分かれ、自分が歩いたことのある道順を、音や匂いの記憶を思い出しながら、目に見えるもの以外のことで表現する地図を作成するグループワークに取り組みます。視覚以外の感覚を広げ、コミュニケーションを楽しむダイアログ・イン・ザ・ダーク(※)をオンライン化したプログラムで、五感を研ぎ澄ますことで心を豊かにする体験をします。

 

※ダイアログ・イン・ザ・ダークとは……視覚障がい者の案内により、完全に光を遮断した“純度100%の暗闇” の中で、視覚以外の様々な感覚やコミュニケーションを楽しむソーシャル・エンターテイメント。これまで世界41カ国以上で開催され、800万人以上の人が体験している。

 

■一般社団法人ダイアローグ・ジャパン・ソサエティの紹介

視覚障がい者のアテンドのもと、真っ暗闇を体験するソーシャルエンターテイメント「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」や聴覚障がい者とともに静寂の中の対話を楽しむ「ダイアログ・イン・サイレンス」を開催。2020年8月23日、東京・竹芝にダイバーシティを体感できる日本初のミュージアム「ダイアログ・ミュージアム『対話の森』(https://taiwanomori.dialogue.or.jp/)をオープン予定。

【公式サイト】https://djs.dialogue.or.jp/

 

<オンラインワークショップ「ダイアログ・イン・ザ・ダーク 見えない相手とのコミュニケーションを考える」 概要>

【日時】2020年7月17日(金)・24日(金)・31日(金) 全日程14時00分~16時00分

※全日程、同じ内容での開催を予定しています。

【ご協力】一般社団法人ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ

【内容】視覚障がい者との対話を通して、視覚以外の感覚の豊かさや多様さを学ぶ

一覧へ戻る

学校法人角川ドワンゴ学園は、
N高等学校以外にも
さまざまな学びの場を提供しています