KADOKAWAが創る新しいネットの高校

ニュース・トピックス

吉田尚記氏による「会話がしんどい人のための話し方・聞き方」を学ぶ授業を実施
~元コミュ障アナウンサーが考案した会話の武器を紹介~

 

学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校(以下、N高)は、9月13日(日)19時00分~20時30分にニッポン放送アナウンサー・吉田尚記氏による特別授業「元コミュ障アナウンサーが考案した会話がしんどい人のための話し方・聞き方」を実施します。

 

泳ぐことも、歌をうたうことも、字をきれいに書くことも上手になるためにはどれも練習が必要なのに、コミュニケーションが苦手だと“コミュ障”と称され、苦手意識を抱いたまま克服できずにいたり、ますます会話を遠ざけてしまったり、改善をあきらめている人も多いのではないでしょうか。今回の特別授業は、本来コミュニケーションも練習が必要で、上手くできなくても責めたり落ち込んだりする必要はないのだということを気づかせてくれる授業です。元々話すことが苦手だった吉田アナが、20年間アナウンサーとして何度もバッターボックスに立ち、少しずつ獲得していった会話に使える「武器」を紹介します。ゲームで新しいアイテムを手に入れると途端にうまく進めて楽しくなるように、会話がしんどいと思っていた人もすぐにコミュニケーションを楽しめる内容を用意しています。事前にN高生からお悩みを募集し、高校生にとって身近なシチュエーションを題材に学んでいきます。

 

◆吉田尚記(よしだ・ひさのり)

1975年、東京都生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。ニッポン放送アナウンサー。ラジオ番組でのパーソナリティのほか、テレビ番組やイベントでの司会進行など幅広く活躍。また漫画、アニメ、アイドル、デジタル関係に精通し、「マンガ大賞」発起人となるなど、アナウンサーの枠にとらわれず活動を続けている。2012年に第49回ギャラクシー賞DJパーソナリティ賞受賞。著書に『なぜ、この人と話をすると楽になるのか』(太田出版)、『元コミュ障アナウンサーが考案した 会話がしんどい人のための話し方・聞き方の教科書』(アスコム)など。

Twitterアカウント @yoshidahisanori

 

■授業概要

【番組タイトル】元コミュ障アナウンサーが考案した会話がしんどい人のための話し方・聞き方

【日時】9月13日(日)19時00分~20時30分

【講師】吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)

【対象】N高等学校、N中等部の生徒及び、会員登録をされた一般の方

【番組URL】(N予備校)https://www.nnn.ed.nico/lessons/482531083

※学習アプリ「N予備校」をダウンロードし、無料会員登録の上、受講ください。

一覧へ戻る

学校法人角川ドワンゴ学園は、
N高等学校以外にも
さまざまな学びの場を提供しています