ニュース・トピックス

2021年4月、茨城県つくば市にネットの高校 「S高等学校」を開校

 

学校法人角川ドワンゴ学園は、自然豊かな“研究学園都市”茨城県つくば市にある筑波西中学校の廃校を再活用し、2021年4月、S高等学校(設置認可申請中/以下、S高)を開校します。

 

2016年4月にN高等学校が開校し、生徒数1,482名でスタートしました。開校から4年半を経て、現在の生徒数は15,803名(2020年10月1日時点)となり、多くの生徒が学びを育む場となりました。生徒数が拡大し続ける中、沖縄県にある伊計本校でのスクーリング時の教室と宿泊施設の受け入れ人数は2万人が限界で、キャパシティを超えることを見越し、他県に新しい高校を開校するに至りました。

 

S高の“S”には、SUPER・SPECIAL・SHINE・SPECTACLEなど、さまざまな“S”を生徒一人ひとりが見つけ、自分だけの“S”を創れるように、という想いが込められています。校長には、エンジニア出身で、角川ドワンゴ学園のプログラミング教育を構築してきた吉村総一郎が就任します。S 高では、必修授業と課外授業をはじめ、学校行事や部活動、サポート体制、通学コースもN高と共通です。スクーリングについては、S高生はつくば本校にて、N高生は伊計本校にて、それぞれ1回以上参加するほか、在籍する学校ごとに組まれた日程・会場での参加となります。

 

<大井川和彦 茨城県知事のコメント>

S高等学校が茨城県つくば市に開校する運びとなりましたことを誠にうれしく思います。つくば市は、筑波大学やJAXA、産業技術総合研究所をはじめとした学術研究機関が集積する国内最大の“S”cience Cityであり、その強みを活かしイノベーションを創出する“S”tart Upが数多く生まれております。一方で、筑波山や近隣には全国第2位の面積を有する霞ケ浦など、豊かな自然に恵まれた地域でもあります。S高等学校の開校を機に全国から多くの若者が本県を訪れ、その環境に触れる中で、これからのIT・グローバル社会を生き抜く創造力を身につけ、茨城県から世界で活躍する人財が生まれることを期待しています。

 

<五十嵐立青 つくば市長のコメント>

S高等学校の開校は、大変嬉しく、心から歓迎します。教育には大きな方向性の転換が求められているなか、つくば市では、教育を最重要課題と考え、「一人ひとりが幸せな人生を送ること」を最上位の目標とした「つくば市教育大綱」を、今年の3月に策定し、その転換を表明しました。教育の考えを「教え」から「学び」へ、「管理」から「自己決定」へ等に転換し、多様で豊かな個性が発揮される環境のもと、一人ひとりが自己実現でき社会力が育つことを目指した「問いから始める学び」を進めています。

S高等学校の生徒の皆様にも、一人ひとりの個性が受容され、幸せな人生を送りながら、持続可能な社会の実現に向けて行動できる力を身につけてほしいと願っています。

 

<S高等学校(設置認可申請中)校長・吉村総一郎のコメント>

角川ドワンゴ学園が運営するふたつ目の高校として2021年4月にS高等学校が誕生します。N高等学校と同じ学びができるS高等学校ですが、本校の場所がN高等学校とは異なります。S高等学校の本校は茨城県つくば市。最寄り駅であるつくば駅へは、東京の秋葉原駅からつくばエクスプレスを使えば、1時間かからず到着する首都圏からのアクセスがよい場所です。また、つくば市は、東京教育大学を前身とする筑波大学や、さまざまな研究機関がある筑波研究学園都市として有名で、宇宙開発やロボット開発をはじめ、多種多様な研究が行われています。大自然に囲まれた場所でもあり、筑波山の麓にあるS高等学校は校舎も広大です。本校スクーリングでは、そんなつくば市の魅力を活かした課外活動を予定しています。N高生の皆さんとこれから入学するS高生は、各コースでの学習をはじめ、ネット部活やイベント、Slackなどのコミュニティーで交流することになります。同じ角川ドワンゴ学園の生徒として、より豊かな学生生活を過ごすために、互いに謙虚な姿勢で敬意を持って接し、思いやりのある信頼関係を築いてください。

 

【吉村総一郎プロフィール】

東京工業大学大学院修了。エンジニアとしてドワンゴ入社、ニコニコ生放送の各種ミドルウエア開発に携わる。その後、角川ドワンゴ学園にてIT戦略部長、講師としてプログラミング教育を牽引。N高等学校副校長を経て現職。

 

【S高等学校(設置認可申請中)概要】

本校:茨城つくば本校

開校:2021年4月予定

住所:〒300-4204 茨城県つくば市作谷578番地2

課程:単位制・通信制課程(広域)

学科:普通科

HP:https://nnn.ed.jp/high_school_feature/s_high_school/

※S高等学校(設置認可申請中)は学校教育法第一条に定められた高等学校です。全日制高校と同じ「高校卒業資格」を取得することができます。

※S高等学校(設置認可申請中)の本校校舎は現在改装工事中につき、外装などが一部変更となる場合があります。

 

 

■S高の校歌を40mPが作詞作曲

S高(設置認可申請中)の校歌「~夢で描けば~」を、人気ボカロプロデューサーで、N高等学校でDTM(パソコンを使用して行う楽曲制作)とボーカロイドの特別授業を担当している40mP氏が作詞・作曲・編曲を手掛けました。S高をイメージして作られた校歌は、ポップスに近いサウンドながら、長い年月を越えて愛されるような普遍的なメロディーの楽曲となりました。歌詞には、常識にとらわれずに新しいことにチャレンジできるS高で、自分がやりたいこと、成し遂げたいことを強くイメージして思い描いていればいつかは形になる、という生徒たちへのメッセージが込められています。校歌の歌唱にはボーカロイドを採用し、癒し系の声を持つボーカロイド歌手・洛天依(ルォ・テンイ)が歌い上げます。

 

【S高校歌プロモーションビデオ:https://youtu.be/Zbtfj1pVamg

 

■2021年4月より、N高・S高でICTをフル活用した新たな学びがスタート

最新のVR技術とデバイスを活用した体感型学習「普通科プレミアム」、ネット上での少人数制グループワークをベースとした「オンライン通学コース」を新設します。

詳細は以下のニュースをご覧ください。

 

 

角川ドワンゴ学園のCEAに鈴木寛氏が就任

学校法人角川ドワンゴ学園は、22世紀まで生き、22世紀を創る生徒にとって最善の教育の実現を目指し、世界の教育界においてエポックメイカーとなるような学校づくりを行うため、これまでアドバイザリーボードのメンバーとしてN高開校時からご協力いただいている鈴木寛氏をCEAとしてお招きすることを決定しました。賛同者、協力者、アドバイザーなどの意見を集約し、それらを具体化するための指針を示し、指導を行っていただきます。

 

<鈴木寛氏のコメント>

CEAとは、Chief Educational Advisorの頭文字をとったものです。角川ドワンゴ学園には、その志に賛同し協力を惜しまない、多くの協力者やアドバイザーがおられます。22世紀まで生き、22世紀を創る生徒のために、また、世界の教育界におけるエポックメイカーとなる学校を創るために、そうした素晴らしい方々のご意見やアドバイスを集約し、具体化につなげていくリード役として、生徒の皆さんと一緒に、世界の教育史に残るような新たな挑戦と創造を行っていきます。

 

【鈴木寛氏プロフィール】

東京大学法学部卒、通商産業省(現在の経済産業省)入省、慶應義塾大学環境情報学部助教授を経て、参議院議員(12年)。文部科学副大臣2期、文部科学大臣補佐官4期。教育・医療・スポーツ・文化・科学技術・情報政策に従事。コミュニティ・スクール導入・普及、高等学校無償化、幼児教育無償化、苦学生向け高等教育無償化、アクティブ・ラーニングを重視した新学習指導要領の策定・大学入試改革に従事、2019年ラグビーワールドカップ、2020年オリンピック・パラリンピック招致に尽力。現在、東京大学公共政策大学院・慶應義塾大学総合政策学部教授(日本初の国立私立同時正教授就任)、日本サッカー協会理事など。

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら