ニュース・トピックス

起業部法人登記第5号誕生
公的制度の推薦サービス事業「株式会社 Civichat」
~質問に答えるだけで自分にあった制度がわかる『Civichat』~

 

学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校(以下、N高)は、起業家を目指すことでイノベーティブな考え方を学び、日本や世界を支える人材の育成を目的とする実践的な課外活動「N高起業部」(https://nnn.ed.jp/kigyobu/)の第3期生から、必要な福祉を必要な人に届ける、公的制度の推薦サービス事業「株式会社Civichat」が法人登記されたことをお知らせします。

 

起業部3期生の高木俊輔さんと村田圭梧さん(3年)は、日本において国や地方自治体、公共団体などから支給される助成金や補助金の支給制度を、多くの人が「知らなかった」という理由で受け取れていないことを改善したいと考え、必要なサービスを知り、支援を受けられるサービスの立ち上げに取り組んできました。探し方がわからない、自分が対象者なのかわからない、申請方法が難しいなどの悩みを解決してくれるCivichatは、チャットで質問に答えていくだけで5万種類を越える中からユーザーにぴったりな制度を提案します。助成金・補助金の申請の代行も請負うことで、「知らない」「わからない」「面倒くさい」で終わらせないサービスを展開します。

 

■「株式会社 Civichat」のビジョン

必要な福祉を必要な人に届けて選択格差を是正する

 

■高木俊輔さんからのコメント(写真:左)

他校からN高に編入したことをきっかけに上京して、関わる人のコミュニティや公共のリソースなどの変化を体験しました。それが“認知できていないことでできる格差”に気づいたきっかけです。そのこともあり、自分のいる場所を移動するという選択は、ものすごく良いことでした。物理的・精神的……幅広い概念の中で移動をすることは、自分の認知の幅を広げることに直結すると考えています。「あの時に知っていれば、絶対そっちを選んだのに!」というものをなくしていきたいです。

 

■村田圭梧さんからのコメント(写真:右)

起業部に入部してから約3ヶ月活動してきました。全てリモートで作業しているので、各自の活動時間合わせながらチームで一つのことをやり遂げることを経験してみて、チーム開発の大変さを知りました。今後は国や地方自治体、行政などと協力して『Civichat』を世界規模にしていけたらなと考えています。

 

株式会社Civichat 概要>

【会社名】株式会社Civichat

【代表者】高木俊輔

【本社】大阪府高槻市

【URL】https://civichat.jp/ (事前登録受付中)

【問い合わせ先】[email protected]

 

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら