ニュース・トピックス

日本オリンピック委員会 強化スタッフなどが教える N/S高アスリートクラス夏期特別プログラムを実施 〜高校生アスリートを、心と身体の両面から支援〜

 

学校法人 角川ドワンゴ学園 N高等学校(以下、N高)およびS高等学校(同S高)は2021年8月25日(水)、アスリートクラスを対象とした夏期特別プログラムを実施します。アスリートの活躍に注目があつまるだけでなく、メンタルヘルスの問題や、引退後のキャリア形成などが問われている昨今、N/S高では高校生アスリートをさまざまな側面から支援します。

 

アスリートクラスとは、N/S高に在籍するスポーツアスリートを知識面・進学面・コミュニティ面・活動面でサポートすることに特化したクラスです。具体的には、海外大学への進学支援、活動する競技の垣根を越えて高校生アスリート同士が交流できるようなコミュニティーづくり、アスリートに共通して役立つ知識を身につけるための特別プログラムなどを行っています。

 

特別プログラムでは大きく以下3点の効果を狙い、生徒の多角的な成長をサポートします。

・一流の講師陣からの特別講義を受けることで、アスリートとしての生活だけではなく、将来の人生設計についても考えられるような高い視座を育む

 

・高校生アスリートである生徒同士がリアルやオンラインで顔をあわせることによって交流を深め、アスリート同士の競技を超えた横の繋がりを作るとともに、お互いに情報交換し、刺激を受けることで成長のスパイラルを生み出す

 

・講義を聴講するだけでなく、実際に身体を動かすことで、知識を自らのものとして身につける

 

今回の特別プログラムでは、フィジカルトレーナーの嶋崎俊氏から人体の関節の仕組みを学び、機能改善を主流にしたストレッチトレーニングを実践します。また、日本電産サンキョー・スケート部でメンタルコーチを務め、数々のオリンピックメダリストを支えた松下信武氏からは心理学をベースにしたメンタルトレーニングを学びます。 このほか、N/S高アスリートクラスのアドバイザーを務める元サッカー日本代表の高原直泰氏との質疑応答セッションの時間も設けます。プログラムは都内の研修施設にて行いますが、Zoomでも参加できるようにし、地方や海外にいる生徒も共に学べる時間となります。

【講師プロフィール】

©OKINAWA SV

 

◆高原直泰氏

1979年生まれ、静岡県三島市出身の元サッカー日本代表。シドニーオリンピック、ドイツW杯出場。2002年JリーグMVP。アルゼンチン、ドイツなど海外クラブで長年プレーし、現在は自身で立ち上げたスポーツクラブ沖縄SVでオーナー兼選手としてプレーしている。

 

 

 

 

 

 

©BOXINGMOBILE

◆嶋崎俊氏

1991年生まれ。19歳のときに、プロボクサーとして輪島功一会長のもとデビューし、27歳まで活動する。

現役時代に体のケアとトレーニングを受けたはり師の先生より、トレーニングを通じて東洋医学を学ぶ。現役引退後は、パーソナルトレーナーの資格「NSCA-CPT」を取得。その翌年には、パーソナルトレーナーとして独立する。

 

 

◆松下信武氏

1944生まれ。京都大学経済学部卒。日本電産サンキョー・スケート部メンタルコーチ他プロ野球選手など複数のアスリートをサポート。

日本オリンピック委員会強化スタッフ。専門は情動心理学。得意分野はエグゼクティブコーチングとアスリートのメンタルコーチングなど。

■アスリートクラス特別プログラム 概要

【スケジュール】 2021年8月25日(水)13:00~18:00

13:00~13:20:アスリートクラスについての説明/自己紹介/アイスブレイク 

13:20~13:30:N高校長 奥平博一からの挨拶

13:30~14:30:高原直泰氏との質疑応答セッション 「高原直泰氏に聞いてみよう!」 

14:50~16:20:嶋崎俊氏による講義・トレーニング 「機能改善と自主トレについて」

16:30~17:30:松下信武氏による講義 「立ち直る力」

17:30~18:00:1日の振り返り

【対 象】N/S高アスリートクラスに所属する生徒

【場所】都内研修施設、およびZoomにて実施

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら