ニュース・トピックス

高校生ガールズユニット「@onefive」
新作ミュージックビデオ制作にN高生6名が参加
〜Adobe Creative Cloudを活用し、ポップでキュートな世界観を表現〜

 

学校法人 角川ドワンゴ学園は、アドビ株式会社の協力のもと、高校生ガールズユニット「@onefive」(ワンファイブ)の新曲「Lalala Lucky」のミュージックビデオ制作にN高等学校(以下、N高)の生徒6名が参画したことをお知らせ致します。「Lalala Lucky」のミュージックビデオは2022年2月2日(水)より公開されます。

 

角川ドワンゴ学園が運営するN高、およびS高等学校、N中等部では、アドビが提供する「Adobe Creative Cloud小中高校向けユーザー指定ライセンス※」を採用しています。生徒はAdobe Photoshop、Adobe Illustrator、Adobe InDesign、Adobe Premiere Pro、Adobe XDなどといった、グラフィックデザインや動画編集、ウェブデザインなどのソフトウェアを無料で利用できるため、授業における提出物の制作や、個人の創作活動などで幅広く活用しています。今回、学園内から選抜されたN高1年生から3年生までの6名がAdobe Premiere Proをはじめとしたツールを使い、「Lalala Lucky」のミュージックビデオ、およびロゴの制作を行いました。

 

N高生が制作した「Lalala Lucky」のロゴ

@onefiveの新曲「Lalala Lucky」は、”どんなささいなこともラッキーと思えることが大事”と普通の日常をリズミカルかつポップに切り取った楽曲です。この楽曲の世界観を最大限に表現し、また@onefiveのダンスやメンバー一人一人の魅力を伝えられるよう、それぞれ遠隔地に住む6名のN高生はZoomやSlackなどのコミュニケーションツールを駆使しながらディスカッションを繰り返し、映像ディレクターの石原慎氏ともに、約1ヶ月半かけてミュージックビデオを作り上げました。また、楽曲の象徴ともなる「Lalala Lucky」のロゴもデザインしました。

「Lalala Lucky」は2月2日(水)発売のアルバム「1518」に収録されます。@onefiveのグループ名にもなった「onefive=15=イチゴ」から 「一期一会を大切に」という意味合いが込められており、@onefiveがこの2年半に出会ってきた人、楽曲、経験、思考、すべての成長の「一期一会」が大きなメインテーマとなっています。そして「1518」には15歳でグループを結成し、アルバム発売となる年が18歳となることから、「15 to 18」という意味も込められています。

 

N高生が手がけた「Lalala Lucky」のミュージックビデオのワンシーン

「Lalala Lucky」のミュージックビデオの撮影現場では、@onefiveのメンバーとN高生が対面し、ディスカッションしながらイメージを共有しあった

<@onefiveからのメッセージ>

今回の新曲「Lalala Lucky」のMVはアドビさんとN高等学校さんとのコラボレーションで作らせていただきました。このような貴重な経験ができ、本当に嬉しく思っています。 新しいクリエイターであるN高の皆さんのアイデアや表情に、たくさんの刺激を貰いました。このプロジェクトが、同年代の皆さんの何かへ踏みだすきっかけになれたら嬉しいです。

 

▶「Lalala Lucky」のミュージックビデオURL:https://youtu.be/OFUsCszJofc

 

◆@onefiveプロフィール

令和元年に結成された、 SOYO・MOMO・KANO・GUMIからなる4人組ガールズユニット。グループ名になっている「onefive」は、全員が15歳のときに結成し、一期一会を大切に、また「@」には”私たちから”・”今この場所から”という意味が込められている。

<公式サイト>https://www.amuse.co.jp/artist/A8942/ 

<公式SNS>https://amuse-inc.lnk.to/onefive

 

※Adobe Creative Cloud小中高校向けユーザー指定ライセンス:https://www.adobe.com/jp/education/k12.html

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら