ニュース・トピックス

バーチャル技術を活用して史跡や観光地を訪問
N/S高等学校、「バーチャルツアー」を開始
~第一弾は京都「仁和寺」~

学校法人 角川ドワンゴ学園N高等学校(以下、N高)、S高等学校(同S高)は、バーチャル空間内でいつでも国内の史跡や観光地への訪問や、企業見学などができる「バーチャルツアー」をN/S高の生徒に向けて10月より提供開始します。VRヘッドマウントディスプレイを用いた360度の映像や現地の環境音を体験することで、実際にその場にいるような臨場感を味わいながら学ぶことができます。

 

バーチャルツアーは、N/S高が2021年12月より提供している、大学構内を自由に移動して大学生活を体感できる「バーチャルオープンキャンパス」の技術を応用しています。バーチャルオープンキャンパスが非常に好評であったことから、より多くの体験ができる機会を生徒に提供したいと考え、今回の実現にいたりました。

 

第一弾として、京都世界遺産仁和寺の境内を巡れるコンテンツを提供します。国宝に指定されている金堂、重要文化財に指定されている二王門や五重塔など、一般拝観可能なエリアをバーチャル空間内で訪問でき、各スポットの説明を読んだり、自分のアバターと一緒に記念撮影をすることができます。

 

バーチャル空間で史跡や芸術、自然、また職業などに触れることを通じて、バーチャルツアーは生徒の興味を強く喚起します。また、全国各地に住むN/S高生がコロナ禍においても、気軽に自宅などからさまざまな場所を訪問できるのは、バーチャル体験の大きなメリットです。ここで得た経験をもとに、「バーチャルで見て終わり」にするのではなく、さらにその場所について調べたり、その場所に行ってみるなどの次の「学び」につながっていくことを期待しています。

 

今後は、富士山頂までを含む富士山周辺の自然を取り上げた「富士山」や、第二次世界大戦沖縄戦の史跡、幕末にフォーカスを当てて京都の名所を回る「幕末京都」などを提供予定です。バーチャルツアーは、学習アプリ「N予備校」にて利用可能です(N/S高生限定)。

 

      (画像)バーチャルツアーで仁和寺を巡る様子。施設の説明を読んだり、自分のアバターと一緒に記念撮影ができる。

なお、N/S高では現在、2022年度4月入学の出願を受け付けています。N/S高はWeb出願のみの受け付けとなります。

▶ 新入学の出願について(N/S高):https://nnn.ed.jp/admission/course_ad/ 

 

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら