カドカワが創る新しいネットの高校

ニュース・トピックス

萩原爽太さん「アプリ甲子園2019」準優勝

 

2019年10月27日(日)にスパイラルホールで開催された「アプリ甲子園2019」決勝大会の開発部門において、N高等学校・1年の萩原爽太さんが準優勝という素晴らしい成績を収めました。

 

アプリ甲子園実行委員会が主催で開催される「アプリ甲子園」は、次世代を担う若手クリエーターの発掘と健全な育成を目的として、2011年より開催している中高生向けスマートフォンアプリ開発コンテストです。

 

受賞作品名「Align」

【作品概要】
端末のバッテリー残量が同じユーザーとマッチングすることができるチャットアプリ。お互いのバッテリー残量が上下5%以上離れてしまうとチャットが強制終了、関係もなかったことになる。

 

〈萩原爽太さんコメント〉
自分のサボり癖のせいでなかなか開発が進まず、アプリ自体はいろいろギリギリの状態での決勝大会でしたが、準優勝をいただけてとても嬉しかったです。あのような大きな場所でプレゼンできる機会はなかなかないと思うので、いい経験になりました。このアプリはこれから機能追加、リファクタリングなどを経て、来年春にはAndroidでリリースしたいなと考えていますので、よかったら是非使ってみて下さい。

 

 

■アプリ甲子園 決勝大会結果

https://www.applikoshien.jp/report/

 

 

一覧へ戻る

学校法人角川ドワンゴ学園は、
N高等学校以外にも
さまざまな学びの場を提供しています