カドカワが創る新しいネットの高校

ニュース・トピックス

プロジェクトN、『お金』について学ぶライフデザイン
最終成果発表会 事後レポート

 

学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校(以下、N高)通学コースで、課題解決型学習(PBL)「プロジェクトN」の最終成果発表会を10月30日(水)、御茶ノ水キャンパスにて行いました。今回は「『お金』について学ぶライフデザイン」をテーマに、将来の目標を定め、目標実現に向けて計画し、ライフイベントを想定、人生に必要なお金はどのくらいかなどライフプランを学びました。

 

プロジェクトNでは、α(アルファ)とβ(ベータ)の2クラスに分かれて授業を行っています。αはインプット型の基礎学習から一人で説得力ある発表ができる生徒へと導く授業構成で、βは難易度を上げ、主体性あるプロジェクトマネジメント力を磨く授業を行なっています。βは通学コースで取り入れている「アクティブラーナー」の生徒が受講しています。

 

※アクティブラーナー…N高では、積極的に学ぶ意欲のある生徒がさまざまなことに挑戦し、教養、思考力、実践力を主体的に高めることを支援するためにできた制度で、ALに認定されると火曜日の1、2限と午後の時間割を自身の目標達成のために組み替えることができます。

 

10月の1か月間かけて、αクラスは「自分のライフデザインを描いた未来予想図を作る」、βクラスは「チームのライフデザインを描いた小冊子」を成果物として、自分自身のライフデザインをページに入れるとともに同世代の若者にもライフデザインの大切さを考えてもらえるような情報誌を作りました。審査員には、特別授業も行っていただいたソニー生命の濱崎祐一氏、電通の田中元氏をお招きし、①調査力:必要な情報の洗い出し、内容の濃さを意識しているか ②編集力:ターゲットを惹きつけ、独自性のある内容であるか ③表現力:魅力的なビジュアルデザインであるか、の3点で審査いただきました。

 

<チームで冊子を制作する様子>

 

まず、αクラスの成果に対する授賞式が行われました。1位の仙台キャンパスの生徒は、10月にN高に入学しillustratorで制作した初めての作品が受賞、「これまでパソコンも全然使ったことがなくて、illustratorも昨日やっと必須課題が終わったところなんですけど、周りの友達とか先生方やTAの方々がサポートしてくれたからこそできた作品だと思います。自分らしく素直に作れました。これを自分の自信にしていきたいなと思います。」とコメントしました。

※N高のプログラミングの授業では、タイピング・G suite Education・Adobe CCを使う基礎を身につけるため必須課題を設けています。

 

 

続いて、βクラスの発表です。βクラスは事前にキャンパス内予選を勝ち進んだ全9チームが制作した冊子に対するプレゼンテーションを行いました。デザインの工夫したポイントだけでなく、どういった社会背景の下、そのテーマを選定したのかといった制作意図を審査員に伝えました。この日は総務省主催「異能vation2019」にN高生による14チームがノミネートされており、全国から会場に参加するため東京に集まっていたため、江坂キャンパスの生徒が御茶ノ水キャンパスで発表する貴重なシーンも見られました。

 

結婚や老後、様々なライフデザインをテーマにした9チームのプレゼンテーションが終わり、いよいよ審査結果の発表です。結果は、柏キャンパス「人生RPG」が優勝。9割の学生がライフデザインに興味がないという外部調査をもとに、学生に楽しんで読んでもらうためRPG風に誌面を構成、RPG制作ゲームを活用して冊子に使用したキャラクターや文字のフォントを一から作り上げデザインを仕上げました。誌面としてのデザイン力と介護施設等でインタビューをしたコラムが読みやすくまとまっているなど読み物としての完成度の高さが評価されました。

 

審査員による講評では、「人生って何が起こるかわからないうまくいったりいかなかったりする繰り返しの中で自分らしく生きていくというと実はものすごくゲームっぽいかもしれないですよね。その人生のゲームの本質というところをこの冊子で表現してくれた。」「ある一定のフォーマットに入れ込んで違うことを伝える方法はとてもいろんな方向に使えてゲームの世界のものをゲームの世界のまんま伝えるのではなく、冊子になっているのが面白いなと思うそうしてちょっとずらして人の目を引かせるということも良いし、ターゲットにあっている自分たちの友達に知ってもらうにはこういう方法をとるんだというターゲットがうまくいっている。」と、普段ライフプランをする方と表現をされる方の2つの視点からコメントをいただきました。

 

 

■結果発表

1位:柏キャンパス「人生RPG」

2位:心斎橋キャンパス「Avenir」

3位&電通賞:柏キャンパス「Parker‘s」

4位&ソニー生命賞:心斎橋キャンパス「Also, Milotic.」

柏キャンパスと心斎橋キャンパスのダブル受賞となりました!心斎橋キャンパス「Avenir」は、表紙に「高校生の将来の夢を300秒で理解する」という読み手がどのくらいのボリュームか予測しやすくし手に取らせる工夫が評価されました。

 

 

11月は「ヘルスケアゲームをつくろう」というテーマに取り組んでいます。12月18日の成果発表会に向けて新たな挑戦が始まります。

 

 

 

受賞作品の一部をご紹介します。

 

心斎橋キャンパス「Avenir」

 

柏キャンパス「Parker‘s」

一覧へ戻る

学校法人角川ドワンゴ学園は、
N高等学校以外にも
さまざまな学びの場を提供しています