ネット学習

― 映像学習とレポート ―

高校卒業資格取得のための学習が
時間や場所を選ばず“ネット”でできる

ネット学習(映像学習とレポート)は、高校卒業資格取得のために必要な必修授業のひとつです。N高とS高では、映像と教材が同一画面で見られるオリジナル学習アプリ「N予備校」を用いて、パソコン・スマートフォン・タブレットを利用し学習します。
映像学習からレポート提出までをネットで行えるため、時間や場所を選ばず自分のペースで効率よく学習を進められます。

ネット学習にはネットワーク環境が必要です。

映像学習と
レポート提出の流れ

「映像学習・確認テスト」を必要回数繰り返した後、オンライン入力形式でレポートを提出します。
(レポートには提出期日があります)。

学習の流れ

  • 1パソコン・スマートフォン・タブレットで5〜10分の映像学習を受けます。
  • 2確認テストを受けます。
  • 3確認テストに合格すると、次の映像学習に進めます(不合格の場合は再度、映像学習を行うなどして再提出。)
  • 4「映像学習→確認テスト」の流れを必要回数行うとレポートに進みます(履修科目により「映像学習→確認テスト」の必要回数は異なります)。
  • 5レポートが30点未満の場合は不合格となり、復習の上、再提出となります。
  • 6レポート合格者は次の単元の映像学習へと進み、1〜5の流れを繰り返します。
  • レポートに合格すると解答解説が表示されます。教員からのフィードバックコメントと合わせて復習にいかします。

ネット学習の特長

映像授業は教科書インターネット講座と
ネットの高校オリジナル版

映像学習は検定教科書の最大手・東京書籍株式会社の教科書をベースに制作されたインターネット講座で学びます。また、一部の科目には角川ドワンゴ学園が制作した「オリジナル版」があり、どちらを学習しても単位が取得できます。

「マイページ」で
学習の進捗管理や疑問点を質問

「マイページ」では、必修授業の学習科目・レポート提出日・成績の確認や学習上の疑問点を質問できます。生徒マイページは担任の先生とも共有しており、学習が進んでいない生徒に学習を促す連絡をします。なお、マイページは保護者も確認できます。

Pickup

VRで必修授業が受けられる
“普通科プレミアム”

普通科プレミアムでは、必修授業がVR(バーチャルリアリティ/仮想現実)で学べます。また、単元の間にはVR学習の副教材があり、体感しながら学ぶことで理解がより深まります。

  • 普通科プレミアムを選択した方のみVRで学習ができます。
  • VR学習の副教材は、高校卒業資格取得に必要な必修授業ではありません。学習の理解を深めるためのサポート教材です(VRに対応していない授業もあります)。
  • 「普通科プレミアム」を選択された方には、当校の授業教材の視聴を目的として、「普通科プレミアム」に在籍することを条件に、VR機器を無償で渡します。学習を始めるためには、「Oculus」アプリがインストールできるスマートフォンまたはタブレットなど指定された端末やネットワーク環境が必要です。原則として返却不要ですが、転学・退学する場合や、「普通科プレミアム」から「普通科スタンダード」に変更した場合は、VR機器を当校に返却する必要があります。
  • VR機器を利用する際は全て自己の責任において利用し、事故や怪我などに十分注意してください。VR機器の利用によって生じた事故、怪我についての責任は負えません。また、Oculus社のガイドラインにより13歳未満はOculusのVR機器を利用することが禁止されています。
  • 学び方(普通科プレミアムか普通科スタンダード)の変更は、各所属期の開始月のみ可能です(4月生は4月、7月生は7月、10月生は10月、1月生は1月)。年度途中(各期の途中)での変更はできません。

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら