カドカワが創る新しいネットの高校

ニュース・トピックス

ネット部活のノウハウを活かし、沖縄県竹富町の小・中学生と交流事業

〜ネットを使って1,960km離れたクイズ選手権を開催~

 

N高等学校では全国の生徒がオンラインで活動する「ネット部活」を行なっています。N高クイズ研究会は、1月20日(日)に開催された、竹富町海洋シンポジウム「隔ての海を結びの海に~ゆんたく島つなぎ~」において、沖縄県竹富町の5つの小中学生と中継をつなぎ、「竹富町・ふるさと発見!小中学生クイズ選手権」(一般社団法人日本クイズ協会監修)を開催しました。開催にあたって、12月に3回にわたりクイズ作成ワークショプや添削指導を普段のネット部活さながらオンラインで行い、東京から1,960km離れた離島の生徒たちとN高クイズ研究会が交流を深めました。

 

N高では、これからもネット部活や職業体験を通じた地域交流や地域活性化に取り組んでいきます。

 

<「竹富町・ふるさと発見!小中学生クイズ選手権」の概要>

【日時】2019年1月20日(日)15:40~17:00

【講師・進行】日高大介さん(クイズ作家)、吉田尚記さん(ニッポン放送アナウンサー・N高クイズ研究会特別顧問)

【参加校】沖縄県竹富町立白浜小学校、船浦中学校、竹富小中学校、小浜小学校、上原小学校

 

ブログはこちらをご覧ください。

一覧へ戻る

学校法人角川ドワンゴ学園は、
N高等学校以外にも
さまざまな学びの場を提供しています