KADOKAWAが創る新しいネットの高校

N高ブログ

正しい知識と共感が女性を救う「生理と向き合うワークショップ」開催

 

2019年12月、N高の女子生徒を対象に「生理と向き合うワークショップ ーひとりで抱え込まないー」を開催しました。カラダやココロの悩みに寄り添うメディアを運営するランドリーボックス株式会社との共同企画で、ゲストに産婦人科医の竹元葉先生をお招きしました。

 

「生理」の悩みは、人によっては日常生活に重大な影響を及ぼすほど深刻なことがあります。生理が重いために思うように通学できなかったケースや、活動への参加が困難になるケースも実際にありました。

 

そうした生理のつらさに対処するための正しい知識を得られ、悩みを共有できる場をつくることで、生徒の社会生活における難しさを少しでも軽くできるのではないかと考え、今回のワークショップを実施しました。

 

今回のワークショップは、

1.自分の生理を表現してみる

2.新しい生理用品を知る

3.生理の仕組みや生理痛について知る

4.産婦人科医、竹元先生への質疑応答

5.「生理痛」「PMS」「生理不順」「メンタル」のテーマに分かれてグループトーク

といった内容で開催しました。

自分の生理を表現するパートでは、自分の生理の特徴を4つの指標に分け、それぞれ5段階スケールで表しました。痛みが強い人もいれば、メンタルダメージが大きい人もいて、人によってまったく違う形のグラフになりました。一口に「生理」と言っても、人それぞれに抱えている悩みが違うことが一目でわかり、話が盛り上がります。

 

 

また、自己紹介も兼ねて、自分の生理を4つの切り口から言葉で表現してみます。「自分の生理を一言で言うと?」の欄には「人生最大の敵」と書き込む生徒も。

これまでの苦労をみんな思い思いの言葉でぶつけていきます。「生理の失敗談」では「会議室の椅子を血で真っ赤にしてしまった」など、大人のスタッフからも苦いエピソードが飛び出しました。それぞれの悩みに共感し合うことで、みんなの表情がみるみるうちに明るくなっていきます。

 

 

新しい生理用品を知るコーナーでは、布ナプキンや月経カップなど、初めて見る生理用品がたくさん。どうやって使うんだろう……?と、みんな興味津々です。ランドリーボックスの西本さんに使い方やメリット・デメリットを解説していただきます。

慣れ親しんだ紙ナプキン以外にもさまざまな選択肢があることがわかりました。それぞれのグッズを実際に見て、触って、詳しいお話を聞くことで、生徒たちは主体的に生理用品を選ぶ楽しさも感じ始めたようでした。

 

次のコーナーでは産婦人科の竹元先生から、生理の仕組みや生理周期、ホルモンバランスの変化、生理痛やPMSなど、生理にまつわる身体や心の症状について学びます。不調に対処するために産婦人科でもらえる薬の話や、ひどい生理痛の裏にはもしかしたら病気が隠れているかもしれないという話も。「心配だったら我慢せずに一度受診しましょう」と竹元先生。

 

そのあとの質問タイムでは、スタッフの予想を超えるたくさんの手が挙がりました。「未成年が1人で診察に行ってもいいの?」「生理中でも病院に行ってもいいの?」などの素朴な疑問や、「診察中とっても恥ずかしいんですけど、先生はなにを考えてますか……?」という思い切った質問も。

以前行った産婦人科で嫌な思いをして行きづらくなってしまったという生徒もいました。産婦人科が気にはなっていたけれど、なかなかハードルが高かったのはみんな共通のようです。それ以外にも、薬の飲み方や気になる症状などについてさまざまな質問が飛び出しました。

 

悩みを共有し、正しい知識を得て、不安や疑問を産婦人科の先生に質問してみることで、参加した生徒たちは「先生の話がわかりやすかった」「不安が解消された」とポジティブな感想を寄せてくれました。

 

ほかにも生徒たちの声を一部ご紹介します。

・産婦人科の先生とお話する機会がなかったので質問できてありがたかったです

・普段なかなか話せないことを話せたり、同じ悩みを持った人と共感できたりとすごく貴重でありがたい経験ができました

・女性向けのワークショップがもっと増えるといいなと思いました

 

N高では、10代の体や性の悩みにポジティブに向き合えるような学びの機会をこれからも増やしていく予定です。ぜひご参加ください。

 

※当日の詳しい様子については「ランドリーボックス」さんの記事もご参照ください。

前編:悩みをひとりで抱え込まないで——高校生のための生理ワークショップ

後編:女子高生が産婦人科医に聞きたい14のこと。「未成年でも婦人科に行っていいの?」「診察中なに考えてますか?」

一覧へ戻る

その他の記事

N高全体 進路
2020/08/11

N高生2,000名が参加!将来を真剣に考える「オンライン進路ガイダンス」開催

N高全体
2020/07/31

豪華ゲストによる解説実況で大フィーバー!第3回ネット運動会開催

N高全体
2020/07/30

3ヶ月間でゲーム・AIクリエイターに
N高生向けに「N Code Labo ネットコ…

学校法人角川ドワンゴ学園は、
N高等学校以外にも
さまざまな学びの場を提供しています