KADOKAWAが創る新しいネットの高校

N高ブログ

N高生2,000名が参加!将来を真剣に考える「オンライン進路ガイダンス」開催

 

2020年5月から6月にかけて、6日程で全17回におよぶ「オンライン進路ガイダンス」を開催しました。参加者はネットコースに在籍する1年生と3年生。全国各地、海外からの参加者を含め、述べ2,057名の生徒が参加しました。

また、たくさんの保護者の方にも参加いただき、今後の学校生活や進路について、多くの方々と考えることができる機会となりました。

 

ガイダンスはビデオ会議ツール「Zoom」を活用して行います。

先生たちの元気のよい挨拶でスタートし、生徒はチャット機能などを使って個別に質問をするなど、コミュニケーションを取りながら進行しました。

 

3年生のガイダンスでは進路の選択方法や進路実現に向けた対策・準備について、事例を用いて説明を行いました。

“N太郎さん”や“N子さん”といった架空のN高生をモデルに、進路選択の第一歩である「志望校調べ・志望企業調べ」から、応募するための準備である「志望理由書の添削」、実際の面接試験を想定した「面接シミュレーション」と、進路が決まっていく過程を想像しながら進路実現に必要な知識を学んでいきます。

 

参加した生徒からは「一般選抜以外にも総合型選抜の入試形態を知ることができて視野が広がった」「進学志望だけど、業界研究や対策方法など自分が就職する時のことも考えるきっかけになった」「不安があったけど、具体的な事例を通して志望理由の考え方や面接対策について学ぶことができ、自分がどのように行動するべきか明確になった」などの感想が寄せられました。

進路について良く考えることで、視野が広がった・やるべきことが明確になったという変化があったようですね。

 

また、保護者の方からは、「息子とともに拝見しました。本人も進路への実感が湧きモチベーションが上がったようです」「担任の先生と顔合わせができて良かったです。担任のサポート体制に関する説明はとても安心できました」などの感想が寄せられ、親子で参加し、生徒の顔つきが変わったことや担任のサポートを知ることで不安を解消してもらうことができたようでした。

 

一方、進路選択まで少し時間の猶予がある1年生には「将来に繋がる、高校生活の過ごし方」をテーマに、高の課外活動や、卒業後の進路を見据えた取り組みへの挑戦についての話をしました。

 

講師の先生は、「N高ではさまざまなプログラムに挑戦ができるからこそ、N高生には大切な2つの要素を身につけてほしい」と生徒たちに伝え、1年生のうちから「学ぶ習慣をつくること」と「失敗を恐れずに経験すること」。この2つを身につけられれば、将来の自分の財産になるはずだと熱く語りました。

 

さらに、経験の中で「自己発見」できれば、それを「自己PR」として伝えることができるとのこと。

これから高校生活を送る上でこのことを意識していれば、いろいろな経験に飛び込む勇気が湧いてきますね。

 

参加した生徒からは「進路について軽く考えていたかもしれない。今回のガイダンスで考え方を改めることができた」「漠然としていた高校生活だけど、今から自分が何をすべきかが明確になった」「課外活動に参加するのが楽しみになった」などの感想が寄せられました。

3年間の流れを知ることで、目的意識をもって高校生活を過ごすきっかけができたようですね。

 

また、保護者の方からは、「子どもと一緒に視聴でき、親にとっても分かりやすかったです。進路について子どもと一緒に考えたいと思います」「子どもと進路について話す良い機会になりました。どのように声をかけていけばよいか非常に参考になりました」などの感想が寄せられました。

今回のガイダンスをきっかけに、ご家庭でも進路や高校生活について話す機会が増えそうですね。

 

10月には、2年生に向けたオンライン進路ガイダンスを予定しています。

N高ではオンライン進路ガイダンス以外にも、進学相談会などさまざまな進路実現を支援するイベントを行っています。開催のお知らせはメールやSlack(N高で使用しているコミュニケーションツール)で案内しますので、ぜひご参加ください。

 

次回の大学進学支援課のブログでは、オンライン進学相談会の実施レポートを掲載予定です。こちらもお楽しみに。

一覧へ戻る

その他の記事

N高全体
2020/09/28

【オンライン職業体験】壊すことから始めよう!
「当たり前」を塗り替えるお菓子を提案

N高全体 マイプロジェクト
2020/09/07

【N高マイプロジェクト】3ヶ月でのBefore→Afterがすごかった!
とことん自…

N高全体
2020/09/03

【N高起業部】起業は手段!起業家が語る「目的を問い続ける大切さ」

学校法人角川ドワンゴ学園は、
N高等学校以外にも
さまざまな学びの場を提供しています