カドカワが創る新しいネットの高校

N高ブログ

【職業体験】佐賀県武雄市図書館で図書館司書の仕事に触れる

 

11月14日(水)~18日(日)までの5日間、佐賀県の武雄市図書館にて図書館司書の職業体験を実施し、関東や愛知、福岡、沖縄など全国各地から集まった生徒6名で図書館司書の仕事を学びました。

 

武雄市図書館は武雄市がカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社に公立図書館の運営を委託している図書館で、その先進的な取り組みは全国でも有名です。利用者数の約半数は市外から訪れる利用者であり、観光名所にもなっています。

 

こちらは2017年にオープンした武雄市図書館併設の武雄市こども図書館。絵本などの児童書を中心に、2000冊の蔵書や1000枚以上のCD/DVDを利用することができます。「“遊び”から”学び”」をコンセプトに、全力でこどもの成長をサポートする施設として設立されました。

 

今回の職業体験では、

①司書の仕事を体験する

②こども図書館で絵本の読み聞かせに挑戦する

③武雄市図書館司書としてイベントを企画する

 

という3つのテーマのもと、盛り沢山の内容で図書館司書の仕事を学んでいきます。

5日間で実施されるプログラムでは、生徒たちは武雄市図書館の司書の体験をしつつ、合間の時間に「読み聞かせ」で使う本の選定や練習を行ない、業務後にはイベント企画のグループワークを行なうという、かなり忙しいスケジュールになりました。

 

【朝礼への参加】

武雄市図書館では毎朝8時45分に朝礼を行なっているとのことで、今回の体験では生徒たちも朝礼に参加させていただきました。日々の業務に関する報告や館長のお話など、真剣に耳を傾けます。図書館司書としての「仕事」の始まりを肌身で感じる生徒たち。緊張感漂う朝礼の空気に触れることができました。

 

【オリエンテーション】

本格的な図書館司書の仕事を学ぶ前に、まずは図書館長より武雄市図書館についてさまざまなお話をしていただき、理解を深めていきます。図書館が持つ役割や、武雄市での取り組みなどを学びました。

 

【館内の見学】

続いて職員の方に引率していただき、館内の各所を見学して回ります。広くキレイな館内に生徒たちもワクワクしている様子。館内のどこにどのようなジャンルの本があるのか、注意深く観察しながら見学していました。

 

【書架整理業務】

 日々大量の本が貸出・返却されていく中で、「書架整理」はとても重要な業務のひとつです。お客様から返却された本を迅速且つ正確に元の棚へと戻していきます。スピードと正確さが要求されるこの業務。集中力が必要となります。多くの書架が立ち並ぶ館内はまるで本の迷宮。生徒たちは迷いながらも、決められた場所を探していました。

 

 

【接遇】

図書館には市内外から毎日多くの方が訪れます。貸出、返却、案内など利用者の方によってその目的は様々。本の貸出やご案内などを通じて図書館に訪れた利用者の方の調べもの、探しものをサポートするのも重要な業務のひとつです。職員の方に教えていただきながら、図書館での接客対応を学んでいきました。立っているときの姿勢、お辞儀の角度、館内で利用者の方に会ったときには視線を合わせて会釈をするなど、今回学んだ基本的な接客マナーは生徒たちが社会に出たときにもきっと役に立つことでしょう。

【お話し会】

 まずは、読み聞かせに使う絵本の選書について打ち合わせを行ないました。読み聞かせへの緊張からか意見がぶつかり合う場面もあり、真剣な取り組み姿勢が伝わってきました。白熱した協議の結果、読み聞かせに使う絵本が決まり、さっそく本番に向けて練習開始。「感情を込めて読む」ということは思っていたよりも難しく、頭では分かっていても思うように体現することができません。生徒にとっては「恥ずかしさ」との戦いでもありますが、子どもたちを楽しませることを第一に練習を重ねていきます。

 

 

そして、いよいよ迎えた読み聞かせ本番。会場には子どもたちを始め、多くの方々がお越しくださいました。練習の成果を遺憾なく発揮し、心を込めて絵本を読み進めていきます。子どもたちが飽きないように、途中で「手遊び」を入れるなど、工夫を凝らした読み聞かせを行なっていました。

 

最後には観に来ていただいた皆さんから盛大な拍手を受け、読み聞かせは大成功のうちに幕を閉じました。練習では表情の硬かった生徒も本番ではにこやかに読むことができ、子どもたちと楽しそうに交流する場面もありました。

 

【グループワーク(イベント企画)】

今回の職業体験のテーマの1つは「武雄市図書館の司書としてイベントを企画する」ということ。グループワークを通じ、新しいイベント案を考えました。どんな年代の人の利用が多いかなど、実際に図書館を利用しているお客様を観察し、イベントのアイデアを練っていきます。また、土曜日には武雄市図書館で開催されたイベント「パンマルシェ」の見学を行ないました。

 

・年配の方は開館前から並んで待っている。

・若い女性にはインスタ映えが流行っている。

 

など各グループで出されたさまざまな意見を取りまとめ、最終日には図書館の方々に向けてプレゼンを行ないました。生徒が考えたイベント案に対し、職員の方々からは「新しい視点だった」、「ぜひ実現させたい」、「主催者側として参加してほしい」と絶賛の声をいただき、生徒たちも一安心です。今回のイベント案が採用された際には、是非参加したいですね。

 

図書館は多くの人々にとって身近な存在ですが、図書館司書の仕事に触れる機会はなかなかありません。

5日間に渡って行われた職業体験の中で生徒たちは図書館司書という仕事について深く学ぶことができました。接客対応や蔵書管理、日々の業務への取り組み姿勢など、今回の体験で学んだことは司書を目指す生徒だけでなく、多くの生徒にとって有意義なものになったのではないでしょうか。

今後もあらゆる分野で学びを深め、将来の可能性を広げていってほしいと思います。

一覧へ戻る

その他の記事

N高全体
2019/03/22

N高生が「マイプロジェクトアワード2018 地域大会」に出場しました!【後編】

N高全体
2019/03/20

N高生が「マイプロジェクトアワード2018 地域大会」に出場しました!【前編】

N高全体
2019/03/14

松本梨香氏による特別授業「松本梨香の声優のタマゴGETだぜ」