カドカワが創る新しいネットの高校

N高ブログ

【N高マイプロジェクト】
最終プレゼン準備も佳境!それぞれの最新アクションは?

 

6月からスタートした“N高マイプロジェクト(以下、N高マイプロ)”のここまでの成果を発表する「最終プレゼン大会」がいよいよ12月に迫ってきました。

今日は着々と準備を進めるN高マイプロ生の活動の様子をご紹介します!

 

1組目は、“⽇本の寄付額を増やすこと、寄付をもっと⾝近にすること”を⽬標に活動している生徒たち。「仮想通貨で寄付をすれば良いのでは?」と考え、仮想通貨取引プラットフォームとして世界的に有名なフォビジャパン株式会社様に自分たちの企画を提案してきました。

 

初めての企業訪問で、緊張する…でも腹が減っては何とやら!と、訪問前に腹ごしらえして気合いを入れます。

 

商談が始まり、社長、社長室補佐、開発者の方々に企画をプレゼン。

「なぜそう言えるの?」「うちと何がしたいの?」「君たちは何ができるの?」と矢継ぎ早に質問されたり、「今後展開するならこうした良いのでは?」というアドバイスをもらったり、話の尽きない時間となりました。何を聞かれてもしっかり答える生徒の姿には先方も驚いていました。

 

新しい発想やイメージも沸き、収穫の多い訪問になりました。

 

2組目は、“体が不自由な方でもゲームを楽しめるような周辺機器を開発する”という活動をしている生徒。「脳波を使って機械を操作できないか」と考えた彼は、とある学校に訪問してその分野に詳しい先生にお話を伺うことができました。

 

自身の仮説を話す中で、現段階ではそれを実現するのはなかなか難しい、というリアルな結論に。

発想を形にする難しさを実感しました。

しかし、“脳波”ではなく“まばたき”を活用した研究を体験させていただき、改めてここからプロジェクトを推進するためのヒントを掴むことができました。

 

他にも多くのプロジェクトが進行中!

全プロジェクトの様子を取り上げられないのが残念ですが、マイプロ生は一歩一歩着実に自分の道を進んでいます。

 

最終プレゼン大会まで残り数日。

ここからさらにブラッシュアップされたプレゼンが楽しみです。

頑張れN高マイプロ生!

 

次回は「最終プレゼン大会」の様子をお伝えします。

一覧へ戻る

その他の記事

N高全体
2019/12/11

【職業体験】船大工というものづくりの世界で
他者視点から世界をみることにチャレンジ

N高全体 進路
2019/12/06

合同企業説明会「ジョブドラフトFes2019」に参加し進路を考える

N高全体 進路
2019/12/04

進路の悩み解決!約50校の大学・短大・専門学校が集う進学相談会

学校法人角川ドワンゴ学園は、
N高等学校以外にも
さまざまな学びの場を提供しています