KADOKAWAが創る新しいネットの高校

N高ブログ

私たちの自慢の先生を紹介します!

 

※このブログは、福岡キャンパスの1年生、齋藤偉さんに書いていただきました。

 

新年が始まり、新入生(※)と新しい先生を迎え、キャンパスが一層賑やかになりました。

今回のブログでは福岡キャンパスに来てくれた新しい先生とTA(ティーチング・アシスタント:以下TA)の先生にインタビューをしてみたいと思います。

 

(※)N高の通学コースでは、ネットコースや他校からの転入生を、7月、10月、1月に迎えています。

まずは新しくキャンパスに入ってきた里村先生。

里村先生は柔和でおしとやかな印象です。(個人的な感想です)

さっそく質問をしてみましょう!

 

Q:普段キャンパスでやっているお仕事を教えてください。

A:みんなが楽しく過ごせるように「プロジェクトN」の授業やNゼミ(※)のファシリテート(進行)や補助、生徒と面談などをしています。

 

※Nゼミとは…毎週放課後に少人数でグループディスカッションを行う会。

 

Q:授業以外の時間はどのようなことをしているのですか?

A:みんなが書いた日誌にコメントを書いたり、授業の準備、そのほかいろいろな事務作業をしています。地道な事務作業も大好きです。

 

Q:プライベートで他の先生との交流はありますか?

A:みなさん容赦なくいじってくれるので、交流は多いと思います(笑)。年齢層が若く、個性の強いユニークな人ばかり。自分の年齢を痛感しながらもとても良い刺激を受ける毎日です。

次に、田中先生に質問してみたいと思います。

ムードメーカーであり(個人的な感想です)、英語を担当しているTAの先生です。

 

Q:普段キャンパスでやっているお仕事を教えてください。

A:英語授業の際には、異文化についてのことや、留学している時に経験した話をしています。

 

Q:授業以外の時間はどのようなことをしているのですか?

A:生徒の日誌にコメントを書いていることが多いです。私は日誌のコメントを英語で書くのですが、そのコメント欄でお互いにボケ合ったりもして、こちらも楽しませてもらっています。あとは大好きな艦船のことを語ったり、共通の趣味について生徒と話したりしています。その中でもゲームの話をすることが多いですね。お互いの持ちキャラを比べたり、一緒にゲームもします。ちなみにゲームでは生徒にかないません。

 

Q:プライベートで他の先生との交流はありますか?

A:先生方とTAの距離が近く、話しやすい環境です。就活の相談をしたり、愚痴を聞いてもらったり。アドバイスもたくさんいただいてます。先生方には十人十色なバックグラウンドがあり、かなり個性的だなと思います。

そんな私も艦船について夢中で話をしてよく呆れられますが、気にしません(笑)。ちなみに最近では、ミズーリかアイオワ(ともにアメリカ海軍の戦艦)、もしくは三笠(世界の三大記念艦の一つとされる戦艦)を見に行きたいなと考えています。

田中先生、マニアックな計画の話までしてくださり、ありがとうございました。

紹介した先生以外にも福岡キャンパスは個性的な先生ばかり、毎日楽しく過ごしています。

 

最後は佐賀県に住んでいる私から一言。

 

福岡良かとこ、一度はきんしゃい!

 

楽しいメンバーがお待ちしています。

 

一覧へ戻る

その他の記事

福岡
2020/03/16

1年でここまで実力アップ!福岡のプログラミング作品をご紹介

福岡
2019/11/29

ビッグイベント「キャンパスフェスティバル」をまるごと企画する!

N高全体 福岡
2019/11/07

目指せ出版! KADOKAWA新レーベル企画編集者プロジェクト始動

学校法人角川ドワンゴ学園は、
N高等学校以外にも
さまざまな学びの場を提供しています