カドカワが創る新しいネットの高校

N高ブログ

N高生が全国大会出場「全国高校生マイプロジェクトアワード地域大会」
~東京大会当日レポート~

 

「マイプロジェクトアワード東京大会」

本番当日 2018年2月11日(月・祝)

 

寒風吹きすさぶ東京都内。

大会当日、会場の「文京区青少年プラザb-lab(ビーラボ)」には、開場の30分前からぞくぞくとN高生や他校の参加生徒達が集まってきました。

開場すると各自、早速最後の準備を開始します。

 

▶マイプロジェクトアワードとは

全国5つの会場で行われる「学びの祭典」。高校生が地域や身の回りの課題について考え行動し、プロジェクトを発表し合います。

https://myprojects.jp/about/)

 

 

常日頃から取り組んでいる学内でのプレゼン大会とは異なり、東京大会のルールでパソコンのスライドが使えません。

生徒達はスライドの代わりに「スケッチブック」を使用。

自分の言葉や身振り手振りで、聞き手により伝わりやすい発表を心がけます。
慣れないスケッチブックでのプレゼンのため、最後の準備にも余念がありません。

 

 

より良いプレゼンになるように、N高生同士で話し合い、互いに質の向上に取り組む姿がありました。

プロジェクトは別々でも、同じN高生としての「チーム意識」がとても高く素敵です。

 

本番へ向けて、準備は万端。

 

まずは開会式が始まります。

東京大会には、関東・甲信越地方を中心とする全国各地から高校生が集結。

各地域大会の中で最も出場数が多い47プロジェクトチームが集まりました。

 

東京大会は各地域大会の中でも激戦区と言われているだけあり、開会式は緊張感あふれる堅い雰囲気。

緊張感は他校の生徒やスタッフからも伝わってきました。

それでも、その場の空気にも慣れたのか時間が経過するにつれて、徐々に表情も柔らかくなっていきます。

 

開会式が終了し、プレゼンに向けて最終確認を行います。

 

過去にマイプロジェクトアワードに参加した大学生(大会運営スタッフ)にプレゼンを確認していただき、アドバイスを受ける場面もありました。

本番ギリギリまで、努力を怠らないN高生に対して大学生も真剣な想いで向き合います。

 

「それではスタートしまーす」

 

スタッフから声がかかり、いよいよ本番。いざ、プレゼンへ。

 

練習の成果を遺憾なく発揮する生徒達。

 

一つひとつ、こだわりを持って選んだコトバ、お気に入りのイラストやイメージの数々。

ちょっとした小道具も飛び出したり、審査員に作品を回覧したり。

 

イキイキとした高校生たちの姿があふれ、会場は百花繚乱です。

審査員からの質問にも堂々と応答し、お互いの発表中もメモを取るなど「学びの祭典」の名に相応しい空気で溢れていました。

 

発表後は、休む間もなく振り返り会です。

他校の仲間と交流を深める貴重な機会。

この交流を「マイプロに参加して良かったこと」に挙げる生徒も少なくありません。

 

そして、いよいよ結果発表です。

 

東京大会から全国大会に参加するためには、各ブロックを1位で通過しなければなりません。

※東京大会は8つのブロックに分かれており、各ブロック1位のチームが全国大会への切符を手にします。

 

開会式以上に張り詰めた空気が会場全体を覆い尽くします。

 

果たして結果は…。

 

司会者から、見慣れたプロジェクト名、聞き慣れたチーム名が発表されました。

 

歓喜の叫びが会場にこだまします。

 

初出場の代々木キャンパスからは、全国に進む8枠の内、2チームが選出される快挙となりました。

 

 

■全国大会選出チーム■

 

・CHEFDELI(鈴木颯人さん、足立素音さん、出川大和さん)

シェフが訪れたお店を探せるグルメwebサービスの開発 https://chefdeli.jp/

 

ー審査員からの講評ー

作ったことがすごい。プログラミングもゼロからのスタート。ひとりから仲間を作りチームで進めた点が評価できる。また、自分たちの生活を良くするために行動が出来ている。

 

ー生徒の感想ー

今までやってきた成果を発揮することが出来た。CHEFDELIを全国に繋げたい。

 

 

・障害者支援プロジェクト(大平ひかりさん、延原琴乃さん)

学習障害児などコミュニケーションが難しい生徒向けのオリジナルコミュニケーションツールの開発

 

ー審査員からの講評ー

「マイ」プロに相応しい、自分事のプロジェクトだった。そして、常に改善しようとしていた点を高く評価しました。

 

ー生徒の感想ー

全国大会でたくさんの人に自分たちの取り組みを発信したい。全国大会でもしっかりプレゼンを頑張ります。

 

「誰かのために役に立ちたい」

「自分の手で社会を変えたい」

 

そんな強い思いを持ってプロジェクトに取り組みマイプロジェクトアワードに参加したN高生たち。

そんな生徒のみなさんを大変誇らしく感じた1日となりました。

一覧へ戻る

その他の記事

代々木キャンパス
2019/08/26

キャンパスを飛び出したLT大会
企業が集うコワーキングスペースにて開催(後編)

代々木キャンパス
2019/08/23

キャンパスを飛び出したLT大会
企業が集うコワーキングスペースにて開催(前編)

代々木キャンパス
2019/06/28

【新プロジェクト】「ビリーズネットキャンプ」の発表会・体験会が代々木キャンパスで開催