カドカワが創る新しいネットの高校

N高ブログ

よこはま動物園ズーラシアで校外学習「ミッションを通じて仲間との絆を深める」

 

5月24日、代々木キャンパスでは「よこはま動物園ズーラシア(以下、ズーラシア)」で校外学習が実施されました。

みんなで取り組むイベントは4月末に行われた「ニコニコ超会議」以来とあってでしょうか。今回は98名もの生徒が参加してくれました。

なかには、集合2時間半前に到着している猛者も……。気合はバッチリのようです。

 

N高の通学コースはWeekday Course(週5)・3Days Course(週3)・1 Day Course(週1)の3つに分かれています。

今回の校外学習は、事前に各通学コース混合の行動班を編成しました。普段会う機会の少ない生徒たちとの交流が生まれ、学校生活とは違う雰囲気が朝から漂っています。

 

スケジュールや注意事項を確認し、久保先生の号令のもと班ごとに園内へと出発します。

生徒たちには午前と午後に1つずつ、「2つのミッション」が課されました。

 

午前中は『広い園内で5名の引率教員を捕まえる』というミッションに挑戦。

捕獲対象となる教員の写真がプリントされたワークシートを携え、一斉にスタートしました。

仲間たちと協力しながら、広い園内をくまなく探す生徒たち。果たして、5名全ての教員を捕まえることのできた班はあったのでしょうか?

結果は……。全5名の教員を見つけられた班は25班中、たった1班のみ。

 

ズーラシアの広さは生徒たちにとって予想外だったようです。

そしてもうひとつ。このミッションの難易度が上がった理由は、ターゲットの1人である堀口先生がミッション終了10分前に入園したこと。なかなかの作戦でしたね……。

午前のミッションが終わった後は、昼食の時間。話に花を咲かせ、午前中の疲れを癒します。

各コース混合班ということを忘れてしまうほど、どの班も楽しそうに時間を過ごしていました。

 

午後は班行動ではなく自由行動、各々仲の良いメンバー同士で集まり園内を散策します。

午前中に仲良くなったグループでひきつづき行動する姿も見受けられました。こういった光景は校外学習というイベントならではですね。

 

午後に行われたミッションは『フォトコンテスト in ズーラシア』。

園内で「最高の1枚」を撮り、コンテストの受賞を目指します。

「受賞者は、N高の広報で紹介される権利を獲得!」と聞いた生徒たちは、広い園内で真剣に写真を撮影していきます。先日行われたプロジェクト型授業の「プロジェクトN」にて“WEB映えする写真を撮る技術”を身につけた生徒たち。

そこで学んだスキルを存分に活かして、動物たちが見せる”一瞬”を狙い目を光らせていました。

 

 応募総数はなんと150点。多くの写真の中で選ばれたのはこの3枚でした。

 

 

迫力があり、今にも動き出しそうな動物たちの姿を撮ることができました。

今回の校外学習の目標は「ズーラシアという地で生物に触れ合う体験を通し、異なるコースの生徒たちが互いを知り、仲間となり絆を深めること」。

目標は達成され、夕方の解散時には朝集合した時よりもさらに輝かしい笑顔が溢れていました。

 

次回の課外活動は、9月を予定しています。

 

 

一覧へ戻る

その他の記事

代々木キャンパス
2018/11/13

特別な衣装を身に纏う1年に1度の特別な日 「ハロウィンパーティー」

代々木キャンパス
2018/11/05

【プロジェクトN】リアル脱出ゲーム制作「プレイデイ」

代々木キャンパス
2018/10/16

半年に一度のプログラミング クラス「成果発表会」