カドカワが創る新しいネットの高校

N高ブログ

【N高マイプロジェクト】中間プレゼン大会キャンパス予選がおこなわれました

 

9月12日(水)から9月21日(金)の期間で、N高マイプロジェクト(自らプロジェクトを立ち上げて取り組む実践型学習)の中間プレゼン大会がおこなわれました。中間プレゼン大会では、N高マイプロジェクトを受講している生徒たちが、7月から9月までの2ヶ月間で取り組んだ成果を発表します。

 

N高全体での中間プレゼン大会の前には各キャンパスで「キャンパス予選」が実施され、8キャンパス合同でのプレゼン大会に参加する代表チームを選出しました。

今回は、御茶ノ水キャンパスでおこなわれた「キャンパス予選」の様子をご紹介します。

 

※中間プレゼン全体のブログは「【N高マイプロジェクト】2018年度中間プレゼン大会を開催しました」でも紹介しています。

 

N高マイプロジェクトには、個人で参加している生徒や複数人でチームを組んで参加している生徒など、多様なスタイルがあります。

 

個人であってもチームであっても、ここまでさまざまな困難と向き合ってきました。

プロジェクトを進める難しさを痛感し、その度に成長を重ねてきた生徒たち。

それぞれが、ここまでの成果や反省点、今後のプロジェクトの進め方などを発表しました。

 

一人ひとりのさまざまな思いが込められたプロジェクト。それだけに聴く方も真剣そのものです。

中にはメンバー全員で悩んだ末、これ以上の参加を断念したチームもありましたが、しっかりと問題点を再確認し、今後に繋がる報告をすることができました。

 

キャンパス予選では、仲間のプレゼンを聴き、自分なりに感じたことなどをコメントとして記録。発表者へと手渡されました。

互いに書き合ったコメントは、今後のプロジェクトに生かされる大切な学習材料です。仲間たちからのコメントをしっかりと読み込んでいました。

 

今回の中間プレゼン大会を通じ、さまざまな気づきを得た生徒たち。N高の仲間からもらった意見やアドバイスを参考に、プロジェクトを磨き上げていきます。

12月の最終プレゼンまでに生徒たちのプロジェクトがどこまで仕上がっていくのか、今から楽しみです。

一覧へ戻る

その他の記事

御茶ノ水キャンパス
2018/12/07

【キャンパスフェスティバル】最高のおもてなしを目指して準備しています

御茶ノ水キャンパス
2018/11/21

「中国語検定試験」に向けて勉強しています

御茶ノ水キャンパス
2018/11/01

グループ面談で論理的な思考を養う