カドカワが創る新しいネットの高校

N高ブログ

【新入生歓迎会】9人の新しい仲間とゲームで交流

 

※このブログは、名古屋キャンパスの3年生、安藤唯人さんに書いていただきました。

 

記録的猛暑と言われた夏も終わり、過ごしやすい季節になってきましたね。名古屋キャンパスには、10月から9人の新たな仲間が加わりました(※)。

 

(※)N高の通学コースでは、ネットコースや他校からの転入生を、7月、10月、1月に迎えています。

 

今回は、先日行われた新入生歓迎会の様子をご紹介します。

この日の1,2限の授業では、在校生は「プロジェクトN」を行いました。これまでにも様々なことに取り組んできましたが、今回は体験する側の気持ちを考える企画「リアル脱出ゲーム」をグループで企画・制作し、実際にプレイするところまで実施しようというプロジェクトです。

全員がパソコンを使いながらメンバーと話し合う光景を見て、新入生はどう感じたのでしょうか。

 

一方、新入生はこの時間に、オリエンテーションを行いました。キャンパスについての説明を聞いたり、パソコンの設定を済ませます。

通学コースでは『MacBook』を教材として使っています。まだ操作に慣れていない新入生もいましたが、わからない部分は仲間と協力し合って無事に設定を終えることができたようです。

 

オリエンテーションも終わり、待ちに待った「新入生歓迎会」の時間です。

今回の新入生歓迎会はこのブログを書いている私、安藤唯人と、新海桃花さんの2人で企画しました。N高の通学コースや名古屋キャンパスの雰囲気、そして普通の高校との違いを感じてもらおうと思いながら企画を考えました。

 

 

 

 

前回の新入生歓迎会よりも1時限分多く時間があるということで、今回は4つのゲームにチャレンジしてもらいました。

【新入生歓迎会プログラム】
①改造無制限 紙飛行機飛ばし大会

②連打選手権

③ピンポン玉リレー

④インスタ映え選手権

 

新入生が9人いるので、在校生と新入生の混合チームを9チーム作り、ゲームに挑戦しました。

最初のゲーム「改造無制限 紙飛行機飛ばし大会」では、チームで紙飛行機を作成し、飛距離や飛行機のデザイン性を競いました。

見た目を大事にしてデザインに凝るチーム、飛距離を伸ばすために試行錯誤するチーム、こだわるところはそれぞれです。

完成した個性豊かな紙飛行機が、新入生の手から放たれました。

 

 

 

そして、次はN高らしくスマホを使ったゲームの「連打選手権」。

ルールは簡単で、アプリを使ってスマホを10秒間連打し続けるだけ。みんなが必死な顔をしてスマホを叩き続ける姿はシュールでした。

 

 

 

 

3つ目のゲーム「ピンポン玉リレー」では、ピンポン玉を落とさないよう、箸やスプーンを使ってリレーをしてもらいました。慎重かつスピーディーに次の人へ届けます。

スムーズに進むチームもあれば、なかなか進むことのできないチームも。コミュニケーションも増え、新入生と在校生がだんだん仲良くなってきました。

 

 

 

 

そして最後は「インスタ映え選手権」です。女子生徒は日頃の特訓の成果が発揮され、とても生き生きとしていました。工夫を凝らした良い写真を撮ることができました。

 

名古屋キャンパスも開校してから半年が経ちました。全国のキャンパスもそれぞれの雰囲気があると思いますが、私は名古屋キャンパスが一番優しい雰囲気なのではないかなと思っています。

私自身もより一層気を引き締めて、頑張っていこうと思います。

一覧へ戻る

その他の記事

名古屋キャンパス
2018/12/14

議論をより充実したものにする「グル面向上委員会」発足

名古屋キャンパス
2018/11/19

名古屋キャンパス「キャンパスフェスティバル」の実行委員を紹介します

名古屋キャンパス
2018/10/30

【沖縄研修旅行】いざ南の島へ!他キャンパスの仲間たちと交流を深める