カドカワが創る新しいネットの高校

N高ブログ

「秋のオープンキャンパス」を開催しました

 

10月20日(土)、福岡キャンパスではオープンキャンパスを開催しました。

N高のことを知ってもらうための説明会の他に、普段福岡キャンパスで行われている「プロジェクトN」の学習や「プログラミング」の授業体験を実施します。

当日はたくさんの中学生とその保護者の方々にご来場いただき、会場は賑わいました。

 

 

学校説明の後は、中学生たちの緊張をほぐすために、アイスブレイクとしてチームで「漢字クイズ」を行いました。

テーマは“さかなへん”。

“魚”が偏になる漢字を思いつくかぎり、みんなであげていくというルールです。このゲームの司会進行役も生徒が担当しました。

福岡キャンパスに通う多くのN高生も駆けつけ、授業の手伝いや中学生とのコミュニケーションなどのサポートをしてくれました。中学生の気持ちに寄り添いながら、会話を盛り上げる生徒たちの姿は、いつもより大人びて見えました。

冒頭の学校説明は、教職員ではなくN高生3名が担当してくれました。

参加してくれた中学生、保護者の方ににわかりやすい説明となるように、発表用のスライドや原稿も、生徒が試行錯誤しながら作成しました。

現役のN高生が説明することで、中学生もより熱心に耳を傾けてくれていました。

 

 

アイスブレイクのあとは、「プロジェクトN」と「プログラミング」の2チームにわかれて授業の体験を行いました。

「プロジェクトN」とは、コミュニケーションスキルやプロジェクトスキル等、実社会で必要な力を身につけるための実践的な授業です。

今回は、企業の研修でも使われている「マシュマロ・チャレンジ」というワークを行いました。

 

「マシュマロ・チャレンジ」とは、チームに分かれ、乾麺のパスタ、テープ、ひも、マシュマロを使って、自立可能なタワーを立て、最も高いタワーを作ったチームが優勝となるゲームです。

チームとして機能するためには、メンバー全員が共通の目的に向かって協力する必要があります。このワークを通して、チームビルディングや、リーダーシップなどをゲーム感覚で学ぶことができます。

中学生同士でチームを作ってもらい、各チームに1人N高生が加わり一緒にワークに臨みました。
ひとつのことに一緒に取り組むうちに自然と連帯感が生まれ、いい笑顔をたくさん見ることができました。

 

また、「プログラミング」の体験授業は、実際の授業に近い形式で行われ、中学生に興味を持ってもらえたようでした。

 

 

今回のオープンキャンパスでは、生徒の頼もしい姿をたくさん見ることができ、参加してくれた中学生のみなさんにもN高を身近に感じていただく機会になったのではないかと思います。

福岡キャンパスで行われる次回のオープンキャンパスは、12月1日を予定しています。たくさんの方のご参加をお待ちしています。

 

※オープンキャンパス お申し込みはコチラからどうぞ。

一覧へ戻る

その他の記事

福岡キャンパス
2018/12/12

【プロジェクトN】「省庁ドラマ”みんなのドラマ”制作プロジェクト」
環境省の役割を学…

福岡キャンパス
2018/10/25

オープンキャンパスに向けての準備 N高の魅力の伝え方を考える

福岡キャンパス
2018/10/12

【校外学習】自然の中で新しいレクレーション
『新・ドロケイ』を思いっきり楽しむ!