カドカワが創る新しいネットの高校

N高ブログ

「N高投資部」設立〜生徒たちが挑む新たな取り組み〜

 

※このブログは、5月22日に開催された「N高投資部」設立記者発表会、ガイダンス授業に参加した、立川キャンパスの2年生、高田優哉さんに様子をレポートしていただきました。

 

「N高等学校は本当に面白い!」と生徒ながらに思ってしまった。

僕は、「N高投資部」の記者発表会とガイダンス授業に参加していた。学校法人角川ドワンゴ学園の理事である夏野剛さんと、投資家である村上世彰さんが「投資部」というN高の新たな挑戦を掲げた瞬間を体感していた。この場所にいることができたことを誇りに思う。

 

N高では、以前から「起業部」というものが存在している。若さ溢れる高校生たちが起業を目指し、世界を変えようとしているのだ。

そのN高が生徒たちに「投資を学んでみないか?」と提案している。「教育」として投資を学べる環境を作り上げたのだ。このことが「どれだけ素晴らしいことか!」と僕は胸が踊っている。

 

記者発表会では、「N高投資部」の部員は、ネットコース・通学コース問わず全校生徒から希望者を募り、書類選考ののち、審査を通過した50名程度で活動をおこなうことが発表された。

50名のメンバーは5名1チームを組み、3月の最終成果発表でチームごとの成績の報告をおこなう。ただ「やりたい!」ではなく、「投資をして何に活かすのか」という明確な目標をいかに熱意を持って伝えるかがポイントになってくるだろう。 

記者発表会終了後は、村上さんの「お金や投資に関する授業」、そして数学講師の瀬下大輔さんによる「数学を勉強するモチベーションについて」のガイダンス授業がおこなわれた。本授業を傾聴していて驚いたことは、生徒たちがよく発言していたという点だ。

また「N予備校」で同時配信の生放送もおこなわれていたが、講師の方々が質問を投げかけると、どんどん手が挙がり、配信ではたくさんのコメントが流れていく。生徒一人ひとり、そして僕自身もこの授業に真剣に取り組み、熟慮している。そんな光景に感動を覚えた。

 

※ニュース記事からも詳細をご確認いただけます。

実践的な金融教育「N高投資部」設立 特別顧問に村上世彰氏が就任~リアルな株式投資に挑戦し、実社会で活きる金融を学ぶ~

 

「投資部」という新たな取り組み。“投資”という大人でも躊躇するようなことに高校生が挑戦するのだ。

「投資部」の生徒たちはこれから様々な経験をするだろう。成功や失敗、時には恐怖で足が竦むこともあるだろう。それを含めて多くのことを経験して欲しい。その経験は必ず将来に繋がるのだから。

N高等学校の生徒数は先日1万人を超えた。投資部の定員は50人と非常に少数だ。選ばれた生徒たち50人がどのような活動をおこない物語を紡ぐのかー。非常に楽しみである。

一覧へ戻る

その他の記事

N高全体
2019/05/29

【N高起業部】最も世界に近いベンチャー社長から、一流の起業家精神を学ぶ

N高全体
2019/04/23

【全国都道府県対抗eスポーツ選手権】ぷよぷよでくまちょむ選手に指導を仰ぐ

N高全体
2019/04/09

【職業体験】長野県小布施町の観光プランを考える「観光DMO」体験