PBL(プロジェクト学習)

通学コース

社会の問題発見と課題解決を実践
“やりたい”を見つけ、社会とつながる

PBL(=Problem / Project Based Learning)の授業では、社会にある答えのない問題の発見や課題の解決に取り組みます。
学習過程でプレゼンテーションやディスカッション・課題解決の方法・21世紀型スキル・ICTリテラシーの活用を目指します。
実社会に触れる機会が多く、進路選択の幅が広がります。

PBLの3つの学び

自分なりの問題ややりたいことの発見と取り組み、課題解決や価値創造の方法を習得、21世紀型スキルやプログラミング、ICTリテラシーなどスキルの実践と活用を目指します。

通学コース PBLカリキュラム
「プロジェクトN」が
グッドデザイン賞を受賞

「プロジェクトN」はN高・S高(設置認可申請中)の通学コースが取り組んでいるPBLのひとつで、各省庁やさまざまな企業の協力のもと、社会的な課題解決を行う学習です。ICTスキルや社会人スキルの習得を目指しながら、具体的な制作物をアウトプットする一連のプロセスが高く評価されました。

目的

  • 自分なりの問題意識や関心事を見つけ、主体的に取り組めるようになる
  • 社会で実践されている課題解決のプロセスや、価値創造のプロセスを学ぶ
  • 21世紀型スキルやICTリテラシーなどの多様なスキルが実際に活用できる

学習

スキルの活用と定着を目指すα(アルファ)と
プロジェクトマネジメント力を磨くβ(ベータ)のグループに分かれて学習

中長期型授業は水・金の2日間をひとくくりとして、同じプロジェクトに取り組みます。

授業

社会で活躍する
キーパーソンから直接学ぶ

さまざまな業界で活躍している方をゲストに迎え、実際に取り組んでいる問題や、そこで求められるスキルを学びます。ゲストからのアドバイスを得たり、企画への評価を得たりする機会もあります。

共同で具体的な成果物や
課題解決策を作り発表する

PBLの授業では、デジタル表現でアウトプットを制作する機会が多く、パソコンでプレゼンテーションを行います。デジタルスキルを高めて活用し、実社会で必要とされるスキルを身につけます。

社会で必要となる
ICTリテラシーを身につける

授業ではプレゼンテーション資料の作成や、アイデアを試作するときに、G Suite for EducationやAdobe Creative Cloudなど社会で幅広く利用されているアプリケーションを活用します。社会に出たときに通用する、ICTリテラシーを身につけることができます。

  • Adobe Creative Cloudロゴは、 Adobe(アドビ社)の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • G Suite for Educationは、 Google Inc.の登録商標または商標です。

プロジェクト実践例

全国のキャンパスを中継でつないで行われるプレゼンテーション授業で、主体性や伝える力を養い、
省庁や企業とコラボレーションすることで“将来やりたいこと”を見つけます

プロジェクト内容は毎年異なります。

「プロジェクトN」
クールジャパン冊子
制作プロジェクト

【Supporters アドビ株式会社】

概要

生徒が日本的だと考えるテーマを自由に選び、それが外国人にどう受け入れられるかをまとめた情報誌を制作。外国の方々へ直接インタビューし、一次情報の重要性を体感。専門家の講演やアドビ株式会社からの講評もありました。

身につく力

創造力/進捗管理/デザイン制作基礎/文章構成力/質問力

使用ソフト

Illustrator/Photoshop など

新しい日常で生じる
「困り事」の解決に取り組む

概要

新しい日常で生じる身近な課題の解決に取り組み、デザイン思考による課題解決プロセスを学びます。観察から始まり困りごとの分析・アイデア出し・解決策作りと発表を繰り返し、課題解決力を身につけます。

身につく力

観察するスキル/問題解決スキル/創造的に考えるスキル/プレゼンテーション

使用ソフト

Zoom/G Suite など

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら