カドカワが創る新しいネットの高校

N高ブログ

【プロジェクトN】6月から新しい形式での授業がスタートしました

 

※このブログは、千葉キャンパスの2年生、谷﨑 さんに書いていただきました。

 

最近では蒸し暑い日も続いており、地域によっては梅雨入り宣言がされる時期となってきました。

千葉キャンパスでは新入生が加わり、昨年に増して明るい声が聞こえてきます。

 

さて、6月からは本格的に「プロジェクトN」が開始されました。今年度からはαコースとβコースに分かれて授業がおこなわれています。今回はβコースの授業の様子をお伝えしたいと思います。

 

βコースは、アクティブ・ラーナーの生徒(※)を対象に、自主性やプロジェクトマネジメント力を鍛えるために、目標の設定後、生徒が主体となってプロジェクトを進めていくコースです。

 

※アクティブ・ラーナーとは…積極的に学ぶ意欲のある生徒がさまざまなことに挑戦し、教養、思考力、実践力を主体的に高めることを支援するためにできた制度。ALに認定されると火曜日の1,2限と午後の時間割を自身の目標達成のために組み替えることができます。

 

企画からプレゼン資料を作成する段階まで取り組み、7月中旬の成果発表会では、株式会社オリィ研究所の開発者である吉藤オリィさんに審査していただきます。

 

※ニュース記事からも詳細をご確認いただけます。

吉藤オリィ氏の特別授業『社会を変える力を学ぶ~分身ロボットとその未来~』を実施

 

 βコース、初めての課題は「ロジックツリーを使用し、深い根の部分からしっかりと原因を追求すること」。

信用性のある企画作りをしようという課題で、授業の時間以外でもグループで自発的に話し合いを続け、チーム全員が意欲的であることを感じました。 

 

その他にも、生徒一人ひとりが様々なことに一生懸命取り組んでいます。

生徒同士で切磋琢磨し、成長できるように頑張っていきます。

一覧へ戻る

その他の記事

千葉キャンパス
2019/04/25

【新入生歓迎会】新年度のはじまり、新しい仲間と交流を深めよう

千葉キャンパス
2019/03/12

1年を振り返り、将来を考える

千葉キャンパス
2019/02/22

【芸術鑑賞会】千葉中央博物館で自然と歴史を学ぶ