TA
(ティーチング・アシスタント)

通学コース・オンライン通学コース・通学プログラミングコース

担任の先生と共に生徒をサポート

通学コース・オンライン通学コース・通学プログラミングコースでは、TAが担任の先生のサポーターとして生徒に伴走することで、
生徒が最後まで“やりきれる体制”を整えています。

TAの役割

担任の先生と共に、面談などを通して生徒の学習やスクールライフに対するモチベーションを維持できるように働きかけます。
大学生のTAは生徒との年齢も近く、大学生活などを聞くことができます。

グループディスカッションやグループトークではTAがファシリテーターを務めて、議論を盛り上げる手助けをします。

電話やコミュニケーションツールを使い、連絡を取ることもあります。

生徒の学習の疑問点に答えます。

  • オンライン通学コースはICTツールを活用して生徒をサポートします。

TAには生徒の指導に適している
大学生と教育的知見者を
採用しています

【採用実績】

東京大学、京都大学、大阪大学、筑波大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、広島大学、九州大学、東京外国語大学、東京学芸大学、電気通信大学、神戸大学、大阪府立大学、早稲田大学、慶應義塾大学、東京理科大学、国際基督教大学、青山学院大学、中央大学、明治大学、同志社大学、立命館大学、関西学院大学、関西大学、関西外国語大学 など

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら