コーチング

通学コース

学びの主体性を身につける
コーチングシステム

担任の先生と生徒が対話し、生徒が主体的に考え行動することを目的としたコーチングシステムです。生徒は自分の“心”と“行動”をコントロールし、目標に向かって1歩ずつ成長する力を身につけます。

特長

目標に向かって着実に
努力できる人を目指す

生徒は担任の先生と相談しながら最終目標を決めて、達成までの道のりを計画。ゴールに至るまでの細かな目標や毎日のルーティンを設定。生徒は達成を重ねていくことで、長期的な目標の実現に近づきます。

  • 日誌・目標シートで短期的・長期的な行動と目標の設定
  • 担任の先生と将来の目標や進路について個人面談
  • 担任の先生とTA(ティーチング・アシスタント)で生徒をサポート

日誌・目標シート

自分の考えや目標を記入し
やるべきことを可視化する

日誌・目標シートを使い、目的ごとに考え、行動や目標を記録します。将来に対する漠然とした考えをシートにまとめることで“今やるべきこと”がはっきりと見え、行動する力の他に、考えを可視化する方法・タスク管理など社会で必要とされる力を身につけます。

日誌

日々の出来事を記録し、目標を持ったスクールライフを送るための日誌です。

目標シート

月間・年間・卒業までの目標を掲げ、記入。目標達成までの行動を管理します。

個人面談

“与える”のではなく生徒の
主体性を“引き出す”

個人面談では、目標シートで生徒が自ら設定した目標の確認や進捗状況を担任の先生と確認します。担任の先生が生徒の話に耳を傾け、さまざまな角度から生徒の「未来のあるべき姿」を見据えてコーチングすることで、生徒が主体的に活動できるように導きます。

N高とS高(設置認可申請中)独自の“生徒の成長を促す”仕組み

N高とS高(設置認可申請中)の通学コースでは、担任の先生とTA(ティーチング・アシスタント)の連携体制で生徒をサポート。生徒との双方向コミュニケーションを重視しており、生徒が自らの考えを引き出し、個性を伸ばすためのコーチングを適切なタイミングで実施し、生徒の主体的な成長を促します。

CONTACT

ネットの高校について
詳しくはこちら